狭間夕

狭間夕

2021年『あやかし狐の京都裏町案内人』でアルファポリス文庫からデビュー。ジャンルにとらわれずに、いろんな作風に挑戦していきたいです。
1
「今日からわたくし玉藻薫は、人間をやめて、キツネに戻らせていただくことになりました!」京都でOLとして働いていた玉藻薫は、恋人との別れをきっかけに人間世界に別れを告げ、アヤカシ世界に舞い戻ることに。実家に戻ったものの、仕事をせずにゴロゴロ出来るわけでもなく……。薫は『アヤカシらしい仕事』を探しに、祖母が住む裏京都を訪ねることに。早速、裏町への入り口「土御門屋」を訪れた薫だが、案内人である安倍晴彦から「祖母の家は封鎖されている」と告げられて――?
24hポイント 21pt
小説 21,012 位 / 127,895件 キャラ文芸 472 位 / 3,401件
文字数 262,443 最終更新日 2021.12.19 登録日 2019.12.25
1