imu

imu

最後しか決めず、その場のノリで小説を書いてます。なのでたまに行き詰まります。暖かい目で、どうか、見てあげてください。なぜか書く小説のヒロインが残念になる不思議。
4
恋愛 連載中 長編
imu
高校2年生の春 中庭の大きな桜の木が見下ろせる3階の渡り廊下 「瀬名」 花は散り、新緑が陽の光でキラキラと輝いている 目の前には同級生の男の子 「好きだ」 でも、それは、 「…うん。付き合おうか」 罰ゲーム、なのでしょう? ________________ 一人ひとりの視点で書いていく予定です。 だいたい30pぐらいです。 5/10 朝陽side.少し文章変えました!
24hポイント 7pt
小説 20,003 位 / 87,336件 恋愛 8,297 位 / 23,066件
文字数 106,531 最終更新日 2020.05.30 登録日 2020.04.29
imu
病院の帰り道、歩くのもやっとな状態の私、花宮 凛羽 21歳。 今にも倒れそうな体に鞭を打ち、家まで15分の道を歩いていた。 あぁ、タクシーにすればよかったと、後悔し始めた時。 「—っ⁉︎」 私の体は、眩い光に包まれた。 次に目覚めた時、そこは、 「どこ…、ここ……。」 何故かずぶ濡れな私と、きらびやかな人達がいる世界でした。
24hポイント 21pt
小説 14,491 位 / 87,336件 ファンタジー 3,002 位 / 24,934件
文字数 99,290 最終更新日 2020.05.09 登録日 2018.09.08
imu
「レイラ・アマドール。君との婚約を破棄する!」 その日、16歳になったばかりの私と、この国の第一王子であるカルロ様との婚約発表のパーティーの場で、私は彼に婚約破棄を言い渡された。 この世界は、私が前世でプレイしていた乙女ゲームの世界だ。 私は、その乙女ゲームの悪役令嬢に転生してしまった。 もちろん、今の彼の隣にはヒロインの子がいる。 それに、婚約を破棄されたのには、私がこの世界の初恋の人を忘れられなかったのもある。 10年以上も前に、迷子になった私を助けてくれた男の子。 多分、カルロ様はそれに気付いていた。 仕方がないと思った。 でも、だからって、家まで追い出される必要はないと思うの! _____________ ※ 第一王子とヒロインは全く出て来ません。 婚約破棄されてから2年後の物語です。 悪役令嬢感は全くありません。 転生感も全くない気がします…。 短いお話です。もう一度言います。短いお話です。 そして、サッと読めるはず! なので、読んでいただけると嬉しいです! 1人の視点が終わったら、別視点からまた始まる予定です!
24hポイント 56pt
小説 8,970 位 / 87,336件 恋愛 3,895 位 / 23,066件
文字数 14,065 最終更新日 2018.09.21 登録日 2018.09.19
imu
花の都 ヨシュクラダンカ王国 美しい花々が咲き乱れ、一年を通して穏やかな気候、観光地としても人気であり、人々の活気に溢れるこの国は、世界で人口の3%程しかいない魔力保持者が多いと言われている場所でもある。 ___さて、このお話は、そんな国で魔術師として仕事も、恋も、自分なりに精一杯頑張る、1人の少女のお話です。
24hポイント 14pt
小説 16,923 位 / 87,336件 ファンタジー 3,531 位 / 24,934件
文字数 105,855 最終更新日 2018.09.16 登録日 2018.09.02
4