3
古びたお城に住まう吸血鬼がひとり。 “エサ”である人間を愛してしまった彼は、 愛するがゆえに生きることを諦める。 しかし、そんな彼を“生かした”のもまた、 人間の愛と人間への愛だった――…。
24hポイント 0pt
小説 59,039 位 / 59,039件 ファンタジー 19,074 位 / 19,074件
文字数 31,086 最終更新日 2019.04.07 登録日 2019.04.07
万物には声が宿るという。 話を聞かない人は、痛い目を見るらしい。 あなたは“声”に耳を傾けていますか?
24hポイント 0pt
小説 59,039 位 / 59,039件 ファンタジー 19,074 位 / 19,074件
文字数 4,383 最終更新日 2019.04.07 登録日 2019.04.07
 宝財院佐柳は貧乏が大嫌いでお金が大好き。貧しい孤児院暮らしが超大金持ちの宝財院鳴司に引き取られて人生が一変する。甘やかされて好き放題お金を使っていたが、見かねた義父の企みで更生の為に聖グレデンテ学園に強制入学。  彼のお目付け役を任された天信祷は稀有な天使と交信が出来る乙女だった。鳴司の頼みもあって彼を更生させるべく、天使に助けを乞う。  天使界から来た天使フィシオの本職は悪魔狩り。暇していたら神に契約と違う仕事を押しつけられる。早く終わらせろうと佐柳に『残金=命』の戒めを与えた。所持金が0になると死ぬにも関わらず彼の散財は変わらずで戒めの効力で不幸になっていく。フィシオは諦めるように諭すが、彼は意地になってバイトをはじめ、『お金』の重みを知った。  我欲に忠実な佐柳は一緒に過ごしていて、自己犠牲で他人に尽す祷が気になりだす。彼女をよく知らない事に気づき、祷の母親が入院していて金に困っているのを知り、行動開始。  病院で母娘の会話を盗み聞きした佐柳は祷に問い詰めるが、悪魔に憑かれた悪友の荒深蛮が現われて邪魔をする。フィシオは蛮を利用する男を女悪魔ラウシューを見つけ、佐柳に手を出さないよう警告を残す。  佐柳は祷を自宅に招待して本音を聞きだした。彼も自分の本音を認め、今心の底から本当に欲しい物が祷の笑顔だと気づく。  彼女の笑顔を見るために宝物を売り払って作った『大金=命』を祷に渡す。彼の優しさに祷は涙を流す。  祷の為に変わる決意をした佐柳は、蛮に会って決別した。残金を奪われて死にかけるが祷が駆けつけ、神の教えに向き蛮にビンタを放つ。影響しあう二人を気に入ったフィシオは禁忌を破り独断でラウシューを裁き、彼らを救った。  フィシオは罰として半分人間にされ戒めを解く力を失う。だが佐柳は祷の笑顔を手に入れて満足し、ずっと見続けるため『彼なり』に更生に励んでいく。
24hポイント 0pt
小説 59,039 位 / 59,039件 ライト文芸 2,394 位 / 2,394件
文字数 93,488 最終更新日 2019.04.07 登録日 2019.04.07
3