dear

dear

アルファポリスの漫画大好きなdearをよろしく
3
ああ、死んでしまった。 まぁいいけどな。 僕、機島 械(きじま かい)は、 16歳で、部活をしながら、学生生活を送っていた。 部活は、空手をしており、毎回開かれる、空手の大会では、優勝をもぎ取っていた。 だが、そんな日常でも、決して幸せなことばかりではない。 部活から帰ると、俺は必ず、ロボットアニメを見るのが日課だった。 ストレス解消のために、娯楽として楽しんでいた。 見ていると、格好よく、次第に惹かれ、乗ってみたいとすら思えるほど。 そんなとき、親に、アニメ見るぐらいなら勉強しなさい!と、怒られることがたびたび、最近は増えてきた気がする。 両親は、アニメを見ないし否定してくるばかり。 機島 械は、アニメを否定してくる両親のせいで、自分のストレス解消が、なかなかできなくなり、イライラしていた。 そんなとき、朝、いつものように、部活に行こうと、横断歩道を渡ってる最中。 「危ない!」 と、どこからか、そんな声が聞こえ、 振り向こうとしたときには、俺は車にひかれていた。 その後、死んだあとに異世界に転生し、好きなロボットで、魔法がすべての世界で無双する、主人公の異世界ライフ。
24hポイント 78pt
小説 5,859 位 / 57,368件 ファンタジー 1,699 位 / 18,808件
文字数 69,718 最終更新日 2019.10.13 登録日 2019.09.15
主人公、暗目零路(くらもくれいじ)は、目が覚めると、暗闇の中にいた。 自分が、どのような状況に、陥っているのかもわからず、過去の記憶がない、あるのは、自分の名前だけ。 辺りを調べると、壁に覆われていることがわかった。 何もすることがない零路は、面倒くさがりな性格のせいか、仰向けになって寝た。 かれこれ、何時間たったのだろうって思うぐらい、寝続けたさなか、ふと思った、何か面白いことはないかと、そして零路は、壁に覆われた、外の世界に興味を抱いた、だから思った、願った。 過去の記憶もないのに、ふと、口にしてしまった。 バトルがあって、でかい町、様々な種族、新たな出会いがある、異世界で生活してみたいと、すると、まるで自分の願いを聞き、叶えてくれるかのように、一つの、アナウンスのような、声が聞こえた。 これは、暗闇の箱から解き放たれ、新たな出会いと、自由と、過去と、自分自身のことを探す、異世界物語。
24hポイント 21pt
小説 11,483 位 / 57,368件 ファンタジー 2,995 位 / 18,808件
文字数 63,014 最終更新日 2019.09.28 登録日 2019.09.04
「頼む。誰か癒やしをください」 この俺、難条 雅人(なんじょうまさと)は美人な女子2人から告白を受けることになる。 ハッピーな気分に普通の人ならなるのだろうが、残念ながらそんなことにはならず。 なぜなら、メンヘラかヤンデレでしかない。 そんな知りたくもないことを俺は知ってしまった。 そして、選択しなければならない。 メンヘラとヤンデレ、どちらが好みかを? 「どっちも嫌だーーーーーーーーーー!」
24hポイント 0pt
小説 19,420 位 / 19,420件 恋愛 5,051 位 / 5,051件
登録日 2019.10.13
3