羊

小説・漫画・書籍・ゲーム等々、面白ければ何でもOKな無類の雑食です。 長年書き物が趣味。
9
恋愛 連載中 長編 R18
声も、耳も失った。 生きていた世界、それすらも。 初めての恋は無残にも砕け散った。 背中に刻み込まれた『神の寵愛の花』、私にとっては呪いにも似た「祝福」の証。 誰か教えてはくれないでしょうか。 「私は一体いつまで、見も知らぬ誰かの願いを叶え続ければいいのですか・・・・・・?」
24hポイント 0pt
小説 148,892 位 / 148,892件 恋愛 46,944 位 / 46,944件
文字数 92,093 最終更新日 2018.09.22 登録日 2016.10.22
唄が聴こえる・・・。 古からの呼び唄が・・・・・・。 それは、人を導き、『常識』から救うものか? それとも人を狂わせるものなのか・・・?
24hポイント 0pt
小説 148,892 位 / 148,892件 キャラ文芸 3,444 位 / 3,444件
文字数 8,406 最終更新日 2017.11.21 登録日 2017.11.21
恋愛 完結 長編 R15
恋に狂って、恋に生き、恋に死んだ一人の憐れで滑稽な女。 それが私の母だった人。 (作者の好きなものを詰め合わせ。リハビリ用作品)
24hポイント 0pt
小説 148,892 位 / 148,892件 恋愛 46,944 位 / 46,944件
文字数 70,281 最終更新日 2017.11.21 登録日 2017.02.22
恋愛 連載中 長編 R18
平々凡々が取柄で、慎ましやかに暮らしている、私こと苅部まゆり、21歳。 のに、私のパート先である大手の会社は割とトラブルだらけ。 そんな日々の中で、この度わたくし、超絶美形の殺人甘党男性とお知り合いになりました。 え? それはスイーツ男子ではないのかって? あんな罰ゲームにできる代物の紅茶や甘い物を常に食べてる人間、そんな可愛らしい言葉で片付けられっかっ!!
24hポイント 0pt
小説 148,892 位 / 148,892件 恋愛 46,944 位 / 46,944件
文字数 16,200 最終更新日 2017.05.05 登録日 2017.05.03
恋愛 完結 長編 R18
――――――満開の菜の花が咲いた日、私は『恋』に落ちた。          菜の花が散ったその日、私は『愛』に敗れた―――――
24hポイント 0pt
小説 148,892 位 / 148,892件 恋愛 46,944 位 / 46,944件
文字数 105,548 最終更新日 2016.12.10 登録日 2016.12.10
恋愛 連載中 長編
あたしはヒロインなのにっ! その言葉が母の口癖だった。 薄暗い牢の中、自分の名も知らずに、ただ生きていた。 意味の分からない言葉を繰り返す母と、狂ってしまった父と一緒に。 そんな、いつまで続くかわからないような日々は突然終わりを告げる。 突如正気を取り戻した父の凶行によって。 母に私を見てほしかった。 父に私を知ってもらいたかった。 ただそれだけを願っていただけなのに。 「やっぱりあたしはヒロインなのね!」 そのわけのわからない言葉を妹が叫んだ瞬間、私は唐突に理解した。 この人は私の母だった人だ、と。
24hポイント 0pt
小説 148,892 位 / 148,892件 恋愛 46,944 位 / 46,944件
文字数 78,834 最終更新日 2016.12.10 登録日 2016.12.10
恋愛 完結 短編 R18
毎夜、泡沫の夢を見る―――――― 戦の世に第六天魔王に「物」として愛され続けた。 悪夢のような悦楽の夢を―――――――――
24hポイント 0pt
小説 148,892 位 / 148,892件 恋愛 46,944 位 / 46,944件
文字数 3,460 最終更新日 2016.12.10 登録日 2016.12.10
恋愛 完結 長編 R18
贅沢と暴虐のかぎりを尽くしたあるひとつの王家が、国民たちのクーデターと帝国からの内部侵略により崩壊したその日、 現国王であった伯父に幼少期から薄暗い塔に軟禁されていた王家直系の姫であり、異能持ちのヒイシは、 命乞いを願う伯父の手により、帝国の宰相、ミスラに人身御供として差し出されてしまう。 ただただ死を願い続けていたヒイシの姿は宰相ミスラの逆鱗に触れ、ヒイシはミスラの手によって、凌辱されてしまう。 そこから始まる2人の、どこかが狂った、壊れたような日々――――――。 これは猛毒の宰相と、遠き子守唄に縛りつけられた哀れな姫の、救いなき愛憎の物語―――――――――。
24hポイント 0pt
小説 148,892 位 / 148,892件 恋愛 46,944 位 / 46,944件
文字数 72,635 最終更新日 2016.12.10 登録日 2016.12.10
ブリューテ興国の暦にして、613年のその年、ブリューテ興国王太子であった第一王子、レクスィ・リヒト・ブリューテが、国王陛下主催の舞踏会で自身の婚約者であったフェアシュタ・ヴェステン公爵令嬢との婚約を破棄。その妹であるユリア・ヴェステン公爵令嬢との新たなる婚約を発表した。 兄を慕い、婚約者であったはずのフェアシュタ令嬢とともに未来を歩んでくれると信じ、夢見ていた第二王子である弟、ヴォールの目の前で。 後のブリューテの歴史書に、「神王」の異名を授かった一人の偉大な王がいる。 その王の名は、ヴォール・リヒト・ブリューテ。 その「神王」を傍らにて寄り添い、支え続けた賢妃の名はフェアシュタ王妃。 後にブリューテ国に住まう子供達の寝物語に登場する愚の存在、レクスィとユリア。 これはブリューテ国「神王」が誕生した、あまり知られることはない始まりの物語。 「神王」と賢妃の傍らに在り続けた、赫きダイスの伽語り。 ※主人公が性格に難ありという簡素な言葉ではすまないと思います。お気を付けください。
24hポイント 0pt
小説 148,892 位 / 148,892件 ファンタジー 35,466 位 / 35,466件
文字数 108,646 最終更新日 2016.11.12 登録日 2016.11.12
9