平尾正和/ほーち

平尾正和/ほーち

小説家兼音楽家。平尾正和→一般/ほーち→R18
5
恋愛 連載中 長編 R15
町の小さなピアノ工房に勤める調律師兼ピアノ修理職人の飛石蔵人(とびいし くろうど)は、ある日突然異世界に飛ばされてしまう。 何もかもが元の世界と異なる場所に、なぜか世界的に有名なピアノメーカー『ROADSTONE(ロードストーン)』社製のピアノを見つけた蔵人は、導かれるように演奏し、ズレた調律を合わせ、さらには修理を行なうことにした。 ロードストーンのピアノが法律によって厳重に管理される世界でそれを修理したことにより、蔵人の運命は大きな変化を迎えることになる。 遙か昔に異世界勇者からもたらされた12音階を基準とする音楽文化とロードストーン社製のピアノを始めとする楽器類、それを元に作られる異世界産のピアノやその他楽器、木工技術に優れたエルフ、冶金技術に優れたドワーフ、細工の得意なヴィロノーム、オリハルコンのピアノ線、ミスリルのチューニングピン、ドライアドの祝福を受けた木材、スライムを溶かした塗料、冒険者との素材取引、異世界素材を使ったピアノの修理、風と水の魔法で再現されるスプレーガン、オリジナルな状態を頑なに守ろうとするロードストーン工房との軋轢、ロードストーンがロードストーンであらねばならない理由等々……。 こんな感じのことをうまいこと絡めていこうかなと思っておりますので、よろしければご一読を!! ※なろう、カクヨム、アルファポリスにて公開中
24hポイント 28pt
小説 7,122 位 / 37,629件 恋愛 2,385 位 / 8,790件
文字数 91,362 最終更新日 2018.12.05 登録日 2018.08.19
しがない工場作業員・藤堂陽一(35歳独身ワープア)は、とある青年とともにトラック事故に巻き込まれた。そこに現れた管理者を名乗る女性から、自分はただ巻き込まれただけであることを告げられる。チート能力を付与されて剣と魔法のファンタジー世界へと異世界転生する青年に対し、陽一は転生先の存在に空きがないため元の肉体を復元しての転移となる。チート能力にも空きはなかったが『定番スキルパック』は何とかもらえることとなった。【鑑定】【無限収納】【言語理解】【帰還】という異世界モノのラノベでよくあるスキルを与えられた陽一。ワープアとしてただ生きるために働くだけの人生から脱却し、異世界生活を満喫すべく期待に胸を膨らませながら目覚めた先は、どう考えても元の世界だった……。
24hポイント 2,209pt
小説 31 位 / 18,563件 ファンタジー 23 位 / 6,944件
テクノブレイクで命を失った男は目覚めると見知らぬ部屋にいた。そこで女神を名乗る自分好みの美女と出会う。女神曰く『成熟した混じり気のない魂(=高齢童貞の魂)』を欲していたらしく、男のそれはまさに女神の求めるところと合致したという。女神の望みは邪神によって蹂躙された世界へイケメン巨根細マッチョとして転生し、豊穣と繁栄の女神の加護をもって世界再生の手伝いをして欲しいとのことだった。早い話が子作りのお手伝いである。そしてリハーサルということで早速女神と関係をもつことになった。 ダメダメ高齢童貞がイケメンチートに転生するという定番設定です。いろんな種族と子作りに励みます。
24hポイント 204pt
小説 214 位 / 18,563件 ファンタジー 122 位 / 6,944件
『おめでとうございます!! あなたは15億円獲得の権利を得ました!!』 といういかにも怪しげなメールを受け取った在宅ワーカー大下敏樹(40)は、うっかり大金の受領を選択してしまう。悪質な詐欺か?ウイルス感染か?と疑った敏樹だったが、実際に15億円の大金が振り込まれていた。 そして翌日現れた町田と名乗る女性から、手にした大金はそのまま異世界行きのスキルポイントとして使えることを告げられ、最低限のスキルを習得した時点でいきなり異世界の森へと飛ばされてしまう。 右も左もわからない、でも一応チートはあるという状況で異世界サバイバルを始めた敏樹だったが、とあるスキルにより日本に帰れることが判明したのだった。 合い言葉は「実家に帰らせていただきます!」 ほのぼの時々バイオレンスな、無理をしない大人の異世界冒険物語、ここに開幕!!
24hポイント 0pt
小説 18,563 位 / 18,563件 ファンタジー 6,944 位 / 6,944件
12/10書籍最新3巻カドカワBOOKSより発売!! 『おめでとうございます!! あなたは15億円獲得の権利を得ました!!』 といういかにも怪しげなメールを受け取った在宅ワーカー大下敏樹(40)は、うっかり大金の受領を選択してしまう。悪質な詐欺か?ウイルス感染か?と疑った敏樹だったが、実際に15億円の大金が振り込まれていた。 そして翌日現れた町田と名乗る女性から、手にした大金はそのまま異世界行きのスキルポイントとして使えることを告げられ、最低限のスキルを習得した時点でいきなり異世界の森へと飛ばされてしまう。 右も左もわからない、でも一応チートはあるという状況で異世界サバイバルを始めた敏樹だったが、とあるスキルにより日本に帰れることが判明したのだった。 合い言葉は「実家に帰らせていただきます!」 ほのぼの時々バイオレンスな、無理をしない大人の異世界冒険物語、ここに開幕!!
24hポイント 1,539pt
小説 44 位 / 18,563件 ファンタジー 33 位 / 6,944件
5