里音

里音

お気に入り登録、コメントありがとうございます。 返信はしませんがコメントは全て読ませていただいてます。 ネタバレ配慮はしてません。気をつけてください。
11
ある日突然物がぼんやりとしか見えなくなって婚約破棄されてしまった伯爵令嬢のアシュリー。その代わり魔力のオーラが見えるようになった。 そんな時、とても大きなオーラを持つ魔導師レイフォードと出会う。 見目麗しいレイフォードはアシュリーだけが見える魔力のオーラや、目が見えてない事で自分に擦り寄ることをしないアシュリー本人に興味を持つ。
24hポイント 106pt
小説 10,657 位 / 140,732件 恋愛 5,247 位 / 43,607件
文字数 22,079 最終更新日 2021.08.10 登録日 2017.11.21
騎士団にいる彼はとても一途で誠実な人物だ。初恋で恋人だった幼なじみが家のために他家へ嫁いで行ってもまだ彼女を思い新たな恋人を作ることをしないと有名だ。私も憧れていた1人だった。 そんな彼との婚約が成立した。それは彼の行動で私が傷を負ったからだ。傷は残らないのに責任感からの婚約ではあるが、彼はプロポーズをしてくれた。その瞬間憧れが好きになっていた。 婚約して6ヶ月、接点のほとんどない2人だが少しずつ距離も縮まり幸せな日々を送っていた。と思っていたのに、彼の元恋人が離婚をして帰ってくる話を聞いて彼が私との婚約を「最悪だ」と後悔しているのを聞いてしまった。
24hポイント 369pt
小説 4,115 位 / 140,732件 恋愛 2,048 位 / 43,607件
文字数 16,051 最終更新日 2021.08.01 登録日 2021.07.04
恋愛 完結 短編 R18
伯爵令嬢のアンリエッタは結婚を1ヶ月後に控えた婚約者のグレイから打ちあけられた。 「すまない。他に好きな人がいるんだ。だから君を愛することは難しい。」 アンリエッタは契約結婚を持ちかける。 「私達の結婚は政略ですし、婚儀まで後1ヶ月しかありません。今更結婚を取りやめにもできないでしょう。ですから1年間お付き合いください。その間に生活基盤を確立しますので、1年後離婚してグレイ様はお好きになさってくださいませ。」 ご都合主義です。許せる方だけお読みください。
24hポイント 134pt
小説 9,209 位 / 140,732件 恋愛 4,496 位 / 43,607件
文字数 21,994 最終更新日 2021.07.29 登録日 2021.07.13
私、リリアナ・モントン。伯爵令嬢やってます。で、私はサポートキャラ?らしい。 幼馴染で自称親友でヒロインのアデリーナ・トリカエッティ伯爵令嬢がいうには… この世界はアデリーナの前世での乙女ゲームとやらの世界と同じで、その世界ではアデリーナはヒロイン。彼女の親友の私リリアナはサポートキャラ。そして悪役令嬢にはこの国の第二王子のサリントン王子の婚約者のマリエッタ・マキナイル侯爵令嬢。 攻略対象は第二王子のサリントン・エンペスト、側近候補のマイケル・ラライバス伯爵家三男、親友のジュード・マキナイル侯爵家嫡男、護衛のカイル・パラサリス伯爵家次男。 ハーレムエンドを目指すと言う自称ヒロインに振り回されるリリアナの日常。 ⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎ 多人数の視点があり、くどく感じるかもしれません。 文字数もばらつきが多いです。
24hポイント 106pt
小説 10,657 位 / 140,732件 恋愛 5,247 位 / 43,607件
文字数 21,161 最終更新日 2021.04.24 登録日 2018.01.21
恋愛 完結 ショートショート
わたくしには見目麗しい人気者の婚約者がいます。 彼は婚約者のわたくしに素っ気ない態度です。 そんな彼が途中編入の令嬢を生徒会としてお世話することになりました。 異例の事でその彼女のお世話をしている生徒会は彼女の美貌もあいまって見るからに彼女のハーレム構成員のようだと噂されています。 わたくしの婚約者様も彼女に惹かれているのかもしれません。最近お二人で行動する事も多いのですから。 婚約者が彼女のハーレム構成員だと言われたり、彼は彼女に夢中だと噂されたり、2人っきりなのを遠くから見て嫉妬はするし傷つきはします。でもわたくしは彼が大好きなのです。彼をこんな醜い感情で煩わせたくありません。 なのでわたくしはいつものように笑顔で「お会いできて嬉しいです。」と伝えています。 周りには憐れな、ハーレム構成員の婚約者だと思われていようとも。 ⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎ 話の一コマを切り取るような形にしたかったのですが、終わりがモヤモヤと…力不足です。 コメントは賛否両論受け付けますがメンタル弱いのでお返事はできないかもしれません。
24hポイント 63pt
小説 14,391 位 / 140,732件 恋愛 7,158 位 / 43,607件
文字数 4,018 最終更新日 2021.04.01 登録日 2021.04.01
恋愛 完結 ショートショート
婚約者の貴方の悪行をお止めするのは婚約者たる私の役目。それで嫌われてしまうのも仕方ない。そう思っていたのだけれど…。 私にも感情はあります。
24hポイント 49pt
小説 16,513 位 / 140,732件 恋愛 8,165 位 / 43,607件
文字数 5,783 最終更新日 2021.03.31 登録日 2021.03.30
恋愛 完結 短編 R15
私はモブのフローリア・ジュトール。デオドルド・ジュトール伯爵の一人娘。 モブと自分の事を言うのは、不完全ながらも前世の記憶がありこの世界は前世での乙女ゲームの世界だからだ。 登場人物には義兄のシュナイザー、幼馴染のガブリエル、まだ出てこない私の親友の兄エリオット、義兄の親友のバルト。ヒロインのシルリーザ、そのヒロインのライバルなどなど。 一致しすぎてこれはもうあのゲームの世界で間違いない。と思ったのだ。 だが、そこに私は絡んでいない。義兄の回想で出ただけ。そうモブ…たぶんモブ。 だって最後までやってないから自信を持って言い切れないけどモブのはず。 そんなモブの私から見た世界。のはずだった…
24hポイント 78pt
小説 12,934 位 / 140,732件 恋愛 6,372 位 / 43,607件
文字数 18,133 最終更新日 2021.03.27 登録日 2021.03.16
恋愛 連載中 ショートショート R15
ここは乙女ゲームの世界です。そう、私はヒロインに転生したの。 攻略対象者な5人。その中でも前世の推しはツンデレの公爵家の嫡男、シューベルト。 逆ハーエンドも夢見るだけならいいけど、現実は個別ルートよね。 いつもはツンなのに恋人になるとデレデレの溺愛。そんなシューベルトと恋人になりたい。 ちゃちゃっと好感度上げるからね! なのに、どうして上手くいかないの?
24hポイント 21pt
小説 24,834 位 / 140,732件 恋愛 11,675 位 / 43,607件
文字数 4,356 最終更新日 2021.03.12 登録日 2021.03.12
私はどこにでもいる中堅の伯爵令嬢アリシア・モンマルタン。どこにでもあるような隣の領地の同じく伯爵家、といってもうちよりも少し格が上のトリスタン・ドクトールと幼い頃に婚約していた。 ドクトール伯爵は2年前に奥様を亡くし、連れ子と共に後妻がいる。 その連れ子はトリスタンの1つ下になるアマンダ。 トリスタンはなかなかの美貌でアマンダはトリスタンに執着している。そしてそれを隠そうともしない。 学園に入り1年は何も問題がなかったが、今年アマンダが学園に入学してきて事態は一変した。
24hポイント 170pt
小説 7,893 位 / 140,732件 恋愛 3,811 位 / 43,607件
文字数 9,821 最終更新日 2021.03.09 登録日 2021.03.04
恋愛 完結 短編
転生だとわかってからチートとはいえないほどの知識で今世を楽しんで生きてきた。 その後婚約者もでき、学園に入学した私はヒロインを見て前世でのゲームを思い出した。 私の婚約者はゲームでのメインヒーローの王子でもなく、攻略対象者のうちの1人だ。 婚約者が攻略されると私は修道院へ送られる。 しかも、彼以外のどのルートでも最初に婚約破棄され、修道院に送られました。というだけのほぼモブなのだ。 私の覚えているゲーム世界にはハーレムエンドはない。ヒロインは必ず誰か1人としかハッピーエンドにならない。 悪役令嬢は特にいないゆるゲーだった。 誰と結ばれようが、攻略対象者達全員とヒロインの間で好感度は上がる。ただし友人以上恋人未満だ。 私はこのゲームを友人から「思ってたのと違う」と押し付けられてチュートリアルしかプレイしていないから登場人物と大まかなストーリーとしか知らない。唯一友人からこのキャラ可哀想なのよ。と教えてもらったのが、今の私だった。 私の役どころは一番最初に婚約破棄される令嬢なのだ。 私が婚約破棄されることで、フリーになった攻略対象者に対し焦った他の攻略対象者たちがヒロインに積極的にアプローチし始めてゲームが盛り上がっていく。 いわば呼び水のような使い捨ての令嬢だ。 処刑や放逐がないのはありがたいが、修道院になんて行きたくない。私はどう抗えば良いの?
24hポイント 170pt
小説 7,893 位 / 140,732件 恋愛 3,811 位 / 43,607件
文字数 15,975 最終更新日 2021.02.22 登録日 2021.02.11
恋愛 完結 短編 R15
仮面舞踏会でなし崩し的に身体を繋げた想い人は朝、眼が覚めると双子の姉の名前で求婚してきた。 ああ、まただ。 姿形で好意的に声をかけて姉ではないと気づくと掌を返すように離れていく。余りに慣れすぎて傷つく事などなくなっていた。 体型や顔はそっくりだがまとう雰囲気のせいで似ていない双子の姉妹。 姉は溌剌としていながらも淑女の鏡と称され誰もが彼女に恋をする。 だけど、昔些細なことで恋に落ちずっと好きだった。だから貴方に抱かれたのに。 夢のような天国から突然の転落。 もうここにもいられない。だって貴方と姉が仲睦まじく暮らすのなんて見たくない。
24hポイント 42pt
小説 17,743 位 / 140,732件 恋愛 8,763 位 / 43,607件
文字数 17,789 最終更新日 2021.01.29 登録日 2021.01.20
11