トップの力 ジョンソン・エンド・ジョンソンで学んだ経営の極意
Getty Images

理念を語れないトップは二流、理念のないトップは失格

「企業の成功に対する計画の重要性は5%、残りの95%は実行である」と日産のカルロス・ゴーン会長は言っている。

人は論理によって頭では説得されても、心で納得をしていなければ行動を起こさない。「腑に落ちる」とか「腹落ちする」のが納得である。人を動かすためには、まず相手の心を動かさなくてはならない。

前回は、「目標の力」について述べた。目標はすべからく「ストレッチ納得目標」でなければならない。これが正しい目標の原理原則である。納得目標とは、部下と上司の話し合いの結果生まれる。頭で理解して心で納得した目標を「納得目標」という。上司が精魂込めて目標の重要さを説明し部下が理解した段階では、まだ「説得目標」なのである。そこにもうひと押しが加わって、心が動く「ストレッチ納得目標」が生まれる。

では、そのひと押しとは何か。それが「理念の力」だ。

前回「夢なき者に成功なし」という吉田松陰の言葉を紹介した。夢に時限設定と行動計画がつくと、それが目標となる。夢は目標の素であり、原動力である。人は夢があるから目標に向かって進むことができるのだ。夢のない目標は単なるノルマに過ぎない。夢は英語で“Dream”である。理念に一番近い英語は“Vision(ビジョン)”である。「我が社は今はそうではないが、将来はこういう会社になりたい」という「あらまほしき姿」である。どういう会社を目指すのかという「あらまほしき姿」は、まさに理念によって描かれる。

人が人としてあるためには、心を持っていなければならない。理念なきトップはトップとは言えず、理念を語れないトップはトップとしての役割を果たせない。理念とは目標、戦略、戦術、すべての根源なのである。

理念には「何のために」がある

人が行動するときには動機が必要である。カネや地位も動機を高めるための根源となり得るが、残念なことに持続力がない。人は大義“Cause”や誇り“Pride”を動機としたときやる気が高まる。大きなことを信じた時に人は大きな仕事をする。大義や誇りに比べればカネや処遇が人の動機づけに及ぼす影響ははるかに小さい。

こういう逸話がある。古代エジプトでピラミッドを築くために大勢の人間が石を運んでいた。ひとりの旅人が労働者に「あなたは何をしているのか」と尋ねた。労働者は「見たらわかるだろう。石を運んでいるんだ」と答えた。旅人は同じことを2人目の労働者に尋ねた。労働者は「あそこに建築途中の建物があるだろう。あの材料の石を運んでいるんだ」と答えた。旅人はさらに3人目の労働者に尋ねた。すると彼は「私はいまエジプト文明を築くための仕事をしているのだ」と誇らしげに答えた。これが理念の力である。自分たちの仕事や目的は何ためにあるのか。その目的が偉大であればあるほど人は頑張れる。大義があれば、つらい仕事も大儀でなくなるのだ。

トランプ大統領から遡ること29代前のアメリカ大統領、エイブラハム・リンカーンは、南北戦争の最中、戦争の原因でもあった奴隷解放を実現するための憲法修正に取り組んでいた。議会は奴隷解放に賛成が半分、反対が半分だった。与党である共和党にも、穏健派と急進派がいて憲法修正の決議は見通しがつかなかった。議会の期限が迫る中、リンカーンは反対派と急進派の説得にかかった。鍵は急進派が握っている。急進派は奴隷解放のみならず、一気に市民権を与えることを主張していた。いまから思えばごく当たり前のことに見えるが、当時の白人アメリカ市民は奴隷に参政権を与え、彼らが政権を握れば自分たちに報復があるのではないかと本気で心配していた。

そこに急進派が市民権を与えるという主張をすれば、奴隷解放までなら賛成する議員も恐れをなして反対派に回る。すなわち急進派が穏健路線に転換すれば、リンカーンに勝ち目が出るのだ。このときリンカーンは急進派の幹部に対してこう言った。「自分たちは同じゴールを目指している、理念は同じだ、しかしまっすぐにゴールに向かえば途中にある川に沈み、崖から転落するかもしれない。そうなっては誰もゴールにたどり着けない。たとえ回り道であっても、我々は確実にゴールに辿り着く道を選ぶべきだ」。

理念は同じなのだ。戦術には違いがあるかもしれない。しかし、理念を実現するためには、今ここで小さくても確実に一歩を進めないと、次に進むことはできない。そう言って急進派を穏健路線に賛同させたのである。これが理念の力だ。リンカーンが使ったのは説得力ではなく「理念力」である。

 

ご感想はこちら

「トップの力 ジョンソン・エンド・ジョンソンで学んだ経営の極意」 記事一覧

プロフィール

新 将命
新 将命

株式会社国際ビジネスブレイン代表取締役社長。
1936年東京生まれ。早稲田大学卒。シェル石油、日本コカ・コーラ、ジョンソン・エンド・ジョンソン、フィリップスなどグローバル・エクセレント・カンパニー6社で社長職を3社、副社長職を1社経験。2003年から2011年7月まで住友商事株式会社のアドバイザリー・ボード・メンバー。2014年7月より株式会社ティーガイアの社外勤取締役を務める。
現在は長年の豊富な経験と実績をベースに、国内外で「リーダー人材育成」を使命に取り組んでいる、まさに「伝説の外資系トップ」と称される日本のビジネスリーダー。
代表的な著書に『他人力のリーダーシップ論』『仕事と人生を劇的に変える100の言葉』『経営者が絶対に「するべきこと」「してはいけないこと』(いずれもアルファポリス)などがある。

著書

自分と会社を成長させる7つの力

自分と会社を成長させる7つの力

ビジネスサイトで連載中の「トップの力」のが待望の書籍化!! 社長はもとより、組織の中間管理職まで、その役職に必要な要諦を解く。トップに必要な「力...
他人力のリーダーシップ論

他人力のリーダーシップ論

「あの人のために」と思われ、自発的に周囲の人や部下が動く。そんな人物こそが真のリーダーであり、まさに「他人力」を持った人物といえる。本書は、「他...
仕事と人生を劇的に変える100の言葉

仕事と人生を劇的に変える100の言葉

伝説の外資系トップである新氏が、自身の人生を振り返り、仕事と人生を成功に導くための100の言葉をベースとして、その経験からくる人生訓を説く1冊。
経営者が絶対に「するべきこと」「してはいけないこと」

経営者が絶対に「するべきこと」「してはいけないこと」

伝説の外資系トップが明かす、経営ノウハウの決定版。1つのテーマに対して「するべきこと」と「してはいけないこと」に分類し、50項目で経営の絶対的な...
出版をご希望の方へ