年収1000万円を実現する“ひとり起業術”

仕事で自信をなくしたら、2つの質問を自らに問えばうまくいく

Getty Images

事例で解説! 2つの質問で激的に問題解決する方法

ここからは、実際に2つの質問の使い方を説明しながら、先程のヘコむシチュエーションを例にとって解決方法を見つけていきます。

●質問『何のために?』の使い方
今やるべきことは、何のためにやる必要があるのか?を考えます。

例1の『プレゼンの資料が出来上がらない』の場合は……。
Q.プレゼン資料は何のために作る必要があるのか?

どうですか? どんな答えが考えられますか?
おそらくこの場合は……、
『上司に新しい企画を承認してもらうため』とか
『見込み客に自社のサービスに興味を持ってもらうため』、みたいな答えが見つけられればOKです。

●質問『そのためには?』の使い方
最初の質問の答えが出てきたら、それを実現するため『そのために』
何をする必要があるか?
どんな情報や条件が必要か?
思いつく限り書き出してみます。

例1の『上司に企画を承認してもらう』そのために何が必要か?

上司が知りたいことや、決断するために必要そうなことを考えてみましょう。
例えば……、
企画の目的と内容:いつ・どこで・誰が・なんのために・なにをするのか? をまとめる。
企画のメリットや効果:実施するとどんな効果が期待できるか?
企画にかかる費用:実施するにはどんな費用がどのぐらいかかるのか?
大まかな流れ:実施するまでのスケジュールは大まかにどんな感じか?

このあたりの情報は必要そうですよね。
ここまでわかれば、プレゼン資料に何を書けばいいかすでに明白です。今までと違って、机に向かったらすぐに作業がはかどるので、スピードも倍速で完了です。

同じように例2『営業で商品が売れない』の場合は……。
Q.営業って何のためにするの?

コレはどうでしょう?
『お客さんにあなたのサービスを活用すれば悩みが解決できそうと感じてもらうため』
こんな感じですよね。

例2の『お客さんに問題が解決できそうと感じてもらう』そのためには何が必要か?

相手の悩みが解決できそうと、期待感を持ってもらうためには、どんな条件を満たす必要がありそうでしょう?

・あなたがお客さんの悩みに共感して解っていると感じてもらう
・『この人に任せれば本当に問題が解決できる』と感じてもらう
・自分と気が合うのか感じてもらうための会話のキャッチボール

ここまで答えが出てきても、まだ何をすべきか具体的じゃない場合は更に、『そのためには?』で質問してみます。

すると、これらの条件を満たすためには…
・トークを覚えて話ことじゃなくて相手の話を聞き出すこと
・会う前に、お客さんと似たタイプでの成功事例を調べて話せる準備をする
・お客さんと気が合いそうか、趣味とかプライベートなことも軽く質問してみる

こんなことをすれば、今までよりも確実に成功に近づけることが解ってきます。どうですか?具体的だから迷わず実行できることばかりですよね。

最初はぜんぜん完璧じゃなくて大丈夫

最初は今みたいに具体的な項目が思いつかなくても全然OK。
まずは、自分に2つの質問をすることを習慣付けることが大事。
いろいろな場面でこの習慣を発揮することで、自然と具体的な改善策が見えてくるようになります。

今までは問題や壁に直面した時に『うわぁ、最悪だ。逃げたい。』というマインドだったのに、『解決できそうかどうか、一回考えてみよう』という風に考え方も変わってきます。

そして気づくはずです……。
実は自分って思っていたより、自分って『デキるヤツ』じゃんって!

次回に続く

 

ご感想はこちら

プロフィール

中尾隼人
中尾隼人

株式会社everride(エバーライド )
代表取締役

営業コーチング/マーケティングコンサルタント。1979年生まれ、宮城県仙台市出身。
2005年、1500人規模の上場企業に入社。
かなりの口ベタ、人見知りで営業未経験だったにもかかわらず、初年度からトップセールスとなる。与えられたマニュアルに疑問を感じ、自身の営業方法を体系化、売り込まずに商品を販売する方法として独自メソッド「人を引き寄せる手順」を確立させ、143日間連続で契約を受注し社内記録を打ち立てる。

現在は、セルフイメージでブロックがかかってしまっている人の潜在能力を引き出すためのコーチングなどをメインに、全国の営業を苦手とするスタッフを抱える企業や団体から研修依頼が殺到している。

著書

営業マンは70点主義でいい。

営業マンは70点主義でいい。

アルファポリスビジネスの人気Web連載が書籍化! 「営業マンは100点満点ではなく、あえて70点を狙ったほうが、実は結果として継続的に成果が出...
出版をご希望の方へ