小さな幸せの見つけ方

本当に求めているものは、意外と近くにある

2017.11.20 公式 小さな幸せの見つけ方 第8回
Getty Images

老夫婦との出会い

気温もだいぶ下がり、季節が秋から冬に変わりつつこの時期、楽しみの一つの紅葉狩りがあります。山々の木々がファッションショーをするかのように葉の色を変え、赤を中心としてさまざまな色のコントラストを作り上げる様子は、本当に素晴らしい自然の美しさの一つだと思います。

私もこの季節を毎年心待ちにしている一人なのですが、この紅葉の季節に必ず思い出すことがあります。それは、私が学生時代にアメリカのワシントンDCにホームステイをしていたときのことです。その思い出に浸りながら紅葉を眺めるというのが、近年の私のルーティーンです。

当時、アメリカに留学していた私は、長期の休みがあればバックパッカーをしながらアメリカを旅していました。ある時、友人の紹介で、ワシントンDCの郊外の森の中に位置する知人の家に、約1週間ホームステイさせて頂くことになりました。ちょうど季節も今と同じ11月中旬を過ぎた頃だったと思います。アメリカの東海岸には、日本と同じく紅葉の季節があり、日本とはまた違った色の鮮やかさが広がっていたことを今でも覚えています。

ホームステイ先には、当時80歳のおじいさんと日系アメリカ人の奥さまがいらっしゃいました。このおじいさんは、もともとは大阪出身で、50年以上もアメリカに住み、アメリカ議会図書館のレファレンス局東洋部日本課でずっと勤務されていた方でした。とっても優しい顔をされたおじいさんとおばあさんで、田舎でおばあちゃん子として育った私には、本当に嬉しく懐かしい時間で、心地のよいものでした。

基本的にはホームステイ先の家を拠点として、私はワシントンDC市内を観光して回ったり、勉強していた分野で有名な方が現地の大学にいらした時は、面会したりしていましたが、必ず夕方には家に戻り、夕飯を一緒に食べるようにしていました。また、何も予定のない時は、庭やガレージの掃除のお手伝いをしていました。

その老夫婦はとてもおしゃべりの好きなお二人で、おじいさんの昔話、二人の思い出など、毎日たくさんのお話をお聞かせ頂きました。三人で話す時は英語を話していましたが、おじいさんと二人になると、おじいさんと私は日本語で話していました。しかし、50年以上もアメリカにいても方言は抜けないらしく、こてこての大阪弁でお話しされる姿に思わず笑ってしまうこともありました。

ご感想はこちら

プロフィール

大來尚順
大來尚順

浄土真宗本願寺派 大見山 超勝寺 住職
著述家/翻訳家

1982年、山口市(徳地)生まれ。龍谷大学卒業後に渡米。米国仏教大学院に進学し修士課程を修了。その後、同国ハーバード大学神学部研究員を経て帰国。僧侶として以外にも通訳や仏教関係の書物の翻訳なども手掛け、執筆・講演・メディアなどの活動の場を幅広く持つ。2019年、龍谷大学 龍谷奨励賞を受賞。著書に『あなたは、あなた。』(アルファポリス)『超カンタン英語で仏教がよくわかる』(扶桑社) 『小さな幸せの見つけ方』(アルファポリス)など多数。

著書

楽に生きる

楽に生きる

アルファポリスビジネスの人気連載「人生100年時代を幸せに生きる明日への一歩」が、「楽に生きる」という書名で早くも書籍化!! 何気ない日常の中...
訳せない日本語

訳せない日本語

大好評書籍、待望の文庫化! 正確に英語で訳せない日本語にこそ、実は日本古来の文化や習慣、日本人の「心」が息づいていると著者はいう。本書では「いた...
あなたは、あなた。

あなたは、あなた。

アルファポリス・ビジネスの人気Web連載の書籍化! 仕事、同僚、友人、家族との繋がり――。感情に縛られず、理不尽に振り回されない。見失いがちな...
小さな幸せの見つけ方

小さな幸せの見つけ方

「日常の中にある、普段は気づきにくい“幸せ”を再発見すること」をテーマとした、著者自身の実体験による24話のエッセイ。人間にとって本当の“幸せ”...
訳せない日本語

訳せない日本語

アルファポリスのビジネスサイトで大人気の連載がついに書籍化!! 正確に英語で訳せない日本語にこそ、実は日本古来の文化や習慣、日本人の「心」が息...
端楽

端楽

浄土真宗本願寺派の僧侶であり、ハーバード大学研究員の経歴を持つお坊さんが、「働く」ことを仏教的な視点から解説し、人が働くことの意味と意義における...
出版をご希望の方へ

公式連載