2021東京ヤクルトスワローズ 高津流 燕マネジメント

「幻の第7戦、先発は奥川だった――」
歴史的激闘!日本シリーズの舞台裏

――改めまして、日本一おめでとうございます。11月27日の日本一決定から二週間弱が経過しての心境をお聞かせください。

高津 日本一直後からお祝いのメールや電話がたくさん来ていたものが、ようやく落ち着いてきました。本来ならシーズンが終わったら、何も予定を入れずに自宅のベッドでダラダラ過ごすのが好きなんですけど、おかげさまで今年は幸せな忙しい時間を過ごしていますね。予定もびっちり入っていて、改めて「日本一になったんだな」って感じています。

――激戦続きで、名勝負となった2021年日本シリーズについて伺います。オリックス・バファローズ相手に、戦前はどのような戦いをイメージしていたのですか?

高津 相手の先発ピッチャーがいいので、うちの選手たちについては、「バッター頑張れ」という思いではなく、「ピッチャー頑張れ」という思いがとても強かったです。オリックスの山本由伸投手、宮城大弥投手がいいことはわかっていたし、彼ら以外にも好投手がいたので、「なかなか点は取れないぞ」という思いでした。

――ということは、ロースコアのゲーム展開を想定されていたわけですね?

高津 そうです、そうです。「2点、3点取られてしまうと厳しくなるぞ」という思いは持っていました。イメージとしては0対0、1対1で何とか粘る。点を奪われたとしても、2対2ぐらいまでの感覚です。それぐらいのゲーム展開にしなければこのシリーズは勝てないと思ってました。

――実際には、第2戦こそ2対0で勝利しましたが、残りの5試合はすべて1点差ゲーム。事前の想定通りのロースコアでの接戦となりましたね。

高津 もっと具体的に言えば、うちの先発投手ができるだけ長いイニングを引っ張って試合を作っていく。その間に相手先発に球数を投げさせて何とか降板させて、相手の二番手、三番手を登場させる。そんな展開を思い描いていました。結果的に第6戦こそ、山本投手を9回まで投げさせてしまったけれど、それ以外は理想の展開だったと思いますね。

ご感想はこちら

プロフィール

髙津臣吾
髙津臣吾

1968年広島県生まれ。東京ヤクルトスワローズ監督。広島工業高校卒業後、亜細亜大学に進学。90年ドラフト3位でスワローズに入団。93年ストッパーに転向し、20セーブを挙げチームの日本一に貢献。その後、4度の最優秀救援投手に輝く。2004年シカゴ・ホワイトソックスへ移籍、クローザーを務める。開幕から24試合連続無失点を続け、「ミスターゼロ」のニックネームでファンを熱狂させた。日本プロ野球、メジャーリーグ、韓国プロ野球、台湾プロ野球を経験した初の日本人選手。14年スワローズ一軍投手コーチに就任。15年セ・リーグ優勝。17年に2軍監督に就任、2020年より現職。

出版をご希望の方へ