運命(さだめ)の迷宮(アルファポリス版)

元々、上杉謙信公(うえすぎけんしんこう)の女性説を詳しく知りたくて、調べていました。

が、ふたを開けてみれば、歴女で、趣味は刀剣、鎧などをじっくり見ること、遺跡や、屋敷跡などを探し歩いていく主人公の柚須浦(ゆすうら)采明(あやめ)、12才(数え年で13才)が、上杉謙信の女性説と言うコアな情報から、長尾景虎(ながおかげとら)時代のお寺の周辺を探し歩いているうちに、トリップして戦国時代に行き、直江神五郎(なおえしんごろう)、後の直江景綱(なおえかげつな)と出会うお話。

片や、長尾景虎5才(数えで6才)が、教育係の神五郎(しんごろう)から逃げ、トリップして采明の家族に出会うお話です。

刹那の大好きなロリ系の頑張り屋の女の子とショタ系の少年が互いの世界が入れ替わっても、世界から逃げず、でも時には少し涙を流しながらも、前を向いて進んでいくお話です。

よろしくお願いいたします( 〃▽〃)

間違い訂正、お願いしますm(__)m
24hポイント 0pt
小説 35,103 位 / 35,103件 歴史・時代 390 位 / 390件