鳴宮野々花

鳴宮野々花

読んでくださっている皆様、エールを押してくださっている皆様、ありがとうございます!励みになってます(*^^*)私の書く全ての作品は史実に一切基づいていません。全て独自のファンタジー世界のものです。
12
恋愛 連載中 長編
「愛しているよ、エルシー…。たとえ正式な夫婦になれなくても、僕の心は君だけのものだ」「ああ、アンドリュー様…」  王宮で行われていた晩餐会の真っ最中、公爵令嬢のメレディアは衝撃的な光景を目にする。婚約者であるアンドリュー王太子と男爵令嬢エルシーがひしと抱き合い、愛を語り合っていたのだ。心がポキリと折れる音がした。長年の過酷な淑女教育に王太子妃教育…。全てが馬鹿げているように思えた。  嘆く心に蓋をして、それでもアンドリューに嫁ぐ覚悟を決めていたメレディア。だがあらぬ嫌疑をかけられ、ある日公衆の面前でアンドリューから婚約解消を言い渡される。  深く傷付き落ち込むメレディア。でもついに、 「もういいわ!せっかくだからこれからは自由に生きてやる!」 と吹っ切り、これまでずっと我慢してきた様々なことを楽しもうとするメレディア。ところがそんなメレディアに、アンドリューの弟である第二王子のトラヴィスが急接近してきて……?! ※作者独自の架空の世界の物語です。相変わらずいろいろな設定が緩いですので、どうぞ広い心でお読みくださいませ。 ※この作品はカクヨムさんにも投稿しています。
24h.ポイント 34,230pt
小説 68 位 / 184,258件 恋愛 53 位 / 56,527件
文字数 127,516 最終更新日 2024.03.03 登録日 2024.01.26
短編を集めました。新作を書いた時はこちらに随時更新していきます。 ①王太子殿下の心変わり ②彼は分かっていなかった ③「君を愛することはない」 ④妹は生まれた時から全てを持っていた。
24h.ポイント 34,720pt
小説 67 位 / 184,258件 恋愛 52 位 / 56,527件
文字数 31,687 最終更新日 2024.03.02 登録日 2024.03.01
恋愛 完結 長編
 大陸の中心にある大国ラドレイヴン。その国王ジェラルドに熱望され、正妃として嫁ぐことになった小国カナルヴァーラの王女アリア。    当初ジェラルドはアリアを溺愛したが、その愛は長くは続かなかった。飽きっぽいジェラルドはすぐに見境なく浮気をはじめ、ついにはあっさりと側妃を迎え入れてしまう。相手は自国のとある伯爵家の娘だったが、彼女の幼稚な言動からその出自に疑問を持ちはじめるアリア。  一方アリアの専属護衛騎士となったエルドは、アリアの人柄とそのひたむきさに徐々に惹かれていき────  嫁ぎ先の大国で冷遇されながらも責務を果たそうと懸命に頑張る王妃と、彼女を愛する護衛騎士との秘めた恋の物語です。 ※※作者独自の架空の世界の物語です。いろいろと緩い設定ですがどうぞ広い心でお読みくださいませ。 ※この作品はカクヨム、小説家になろうにも投稿しています。
24h.ポイント 10,396pt
小説 184 位 / 184,258件 恋愛 108 位 / 56,527件
文字数 204,207 最終更新日 2024.02.11 登録日 2023.12.19
恋愛 完結 長編
 二度も婚約破棄された。それもどちらも同じ女性に相手を奪われて─────  一度ならず二度までも婚約を破棄された自分は社交界の腫れ物扱い。もう自分にまともな結婚相手は見つからないだろうと思った子爵令嬢のロゼッタは、何かしら手に職をつけ一人で生きていこうと決意する。  そんな中侍女として働くことになった公爵家には、美麗な容姿に冷たい態度の若き公爵と、病弱な美しい妹がいた。ロゼッタはその妹オリビアの侍女として働くうちに、かつて自分の婚約者を二度も奪った令嬢、エーベルに再会することとなる。  その後、望めないと思っていた幸せをようやく手にしようとしたロゼッタのことを、またも邪魔するエーベル。なぜこんなにも執拗に自分の幸せを踏みにじろうとしてくるのか………… ※作者独自の架空の世界のお話です。現代社会とは結婚に対する価値観や感覚がまるっきり違いますが、どうぞご理解の上広い心でお読みくださいませ。 ※短編→長編に変更します。
24h.ポイント 1,760pt
小説 737 位 / 184,258件 恋愛 359 位 / 56,527件
文字数 195,804 最終更新日 2023.10.31 登録日 2023.08.28
恋愛 完結 長編
 侯爵令嬢のクラリッサは、幼少の頃からの婚約者であるダリウスのことが大好きだった。優秀で勤勉なクラリッサはダリウスの苦手な分野をさり気なくフォローし、助けてきた。  しかし当のダリウスはクラリッサの細やかな心遣いや愛を顧みることもなく、フィールズ公爵家の長女アレイナに心を移してしまい、無情にもクラリッサを捨てる。  傷心のクラリッサは長い時間をかけてゆっくりと元の自分を取り戻し、ようやくダリウスへの恋の魔法が解けた。その時彼女のそばにいたのは、クラリッサと同じく婚約者を失ったエリオット王太子だった。  一方様々な困難を乗り越え、多くの人を傷付けてまでも真実の愛を手に入れたと思っていたアレイナ。やがてその浮かれきった恋の魔法から目覚めた時、そばにいたのは公爵令息の肩書きだけを持った無能な男ただ一人だった───── ※※作者独自の架空の世界のお話ですので、その点ご理解の上お読みいただけると嬉しいです。 ※※こちらの作品も書けば書くほどどんどん長くなってきてしまったので、一応長編に変更させていただきます。すみません。
24h.ポイント 1,725pt
小説 753 位 / 184,258件 恋愛 370 位 / 56,527件
文字数 167,106 最終更新日 2023.08.16 登録日 2023.06.15
恋愛 完結 長編
「どうせ互いに望まぬ政略結婚だ。結婚までは好きな男のことを自由に想い続けていればいい」「……あらそう。分かったわ」婚約が決まって以来初めて会った王立学園の入学式の日、私グレース・エイヴリー侯爵令嬢の婚約者となったレイモンド・ベイツ公爵令息は軽く笑ってあっさりとそう言った。仲良くやっていきたい気持ちはあったけど、なぜだか私は昔からレイモンドには嫌われていた。  そっちがそのつもりならまぁ仕方ない、と割り切る私。だけど学園生活を過ごすうちに少しずつ二人の関係が変わりはじめ…… ※※ファンタジーなご都合主義の世界観でお送りする学園もののお話です。史実に照らし合わせたりすると「??」となりますので、どうぞ広い心でお読みくださいませ。 ※※大したざまぁはない予定です。気持ちがすれ違ってしまっている二人のラブストーリーです。 ※※すみません、書いているうちにどんどん長くなってきたので、短編から長編に変更させていただきます。
24h.ポイント 901pt
小説 1,406 位 / 184,258件 恋愛 678 位 / 56,527件
文字数 107,064 最終更新日 2023.06.25 登録日 2023.05.22
恋愛 完結 長編
 バーネット公爵家の長女セレリアはジャレット王太子の婚約者だった。しかしセレリアの妹フランシスとジャレット王太子が恋仲になってしまう。  王太子の強い希望により、セレリアとの婚約は白紙となりフランシスが王太子の婚約者となる。  泣いて詫びる妹を、大丈夫だと宥めるセレリア。  だが結婚式を目前に、フランシスは何者かによって毒殺されてしまう。  美しく愛らしい、誰をも魅了するフランシス。対して平凡な容姿で両親からの期待も薄かったセレリア。確たる証拠もない中、皆がセレリアを疑いはじめる。その後セレリアにフランシスの殺害は不可能だったと証明されるが、フランシスを失った苦しみから半狂乱になったジャレット王太子は、婚約破棄された腹いせに妹を殺したのだと思い込みセレリアを責め立てる。 「お前のせいでフランシスは死んだのだ!お前は呪われた公爵令嬢だ!」  王太子のこの言葉を皮切りに、皆がセレリアを呪われた公爵令嬢と噂するようになり─────  ※※この物語の設定は作者独自の架空の世界のものです。作中に出てくる様々な物の名称も現代的で馴染みのある単語を使っています。  ※※いつも以上に設定はゆるゆるです。
24h.ポイント 894pt
小説 1,407 位 / 184,258件 恋愛 678 位 / 56,527件
文字数 144,339 最終更新日 2023.06.01 登録日 2023.04.22
恋愛 完結 短編
 貴族学園に入学した公爵令嬢ステファニー・カニンガムは、ランチェスター公爵家の次男マルセルとの婚約の話が進みつつあった。しかしすでに婚約者のいるラフィム王太子から熱烈なアプローチを受け続け、戸惑い悩む。ほどなくしてラフィム王太子は自分の婚約を強引に破棄し、ステファニーを妻に迎える。  運命を受け入れ王太子妃として妃教育に邁進し、ラフィム王太子のことを愛そうと努力するステファニー。だがその後ラフィム王太子は伯爵令嬢タニヤ・アルドリッジと恋仲になり、邪魔になったステファニーを排除しようと王太子殺害未遂の冤罪を被せる。  なすすべもなく処刑される寸前、ステファニーは激しく後悔した。ラフィム王太子の妻とならなければ、こんな人生ではなかったはずなのに………………  ふとステファニーが気が付くと、貴族学園に入学する直前まで時間が巻き戻っていた。混乱の中、ステファニーは決意する。今度は絶対に王太子妃にはならない、と───── (※※この物語の設定は史実に一切基づきません。作者独自の架空の世界のものです。)
24h.ポイント 1,739pt
小説 749 位 / 184,258件 恋愛 366 位 / 56,527件
文字数 83,104 最終更新日 2023.04.22 登録日 2023.03.29
恋愛 完結 短編
 伯爵令嬢クラウディア・マクラウドは長年の婚約者であるダミアン・ウィルコックス伯爵令息のことを大切に想っていた。結婚したら彼と二人で愛のある家庭を築きたいと夢見ていた。  ところが新婚初夜、ダミアンは言った。 「俺たちはまるっきり愛のない政略結婚をしたわけだ。まぁ仕方ない。あとは割り切って互いに自由に生きようじゃないか。」  そう言って愛人らとともに自由に過ごしはじめたダミアン。激しくショックを受けるクラウディアだったが、それでもひたむきにダミアンに尽くし、少しずつでも自分に振り向いて欲しいと願っていた。  しかしそんなクラウディアの思いをことごとく裏切り、鼻で笑うダミアン。  心が折れそうなクラウディアはそんな時、王国騎士団の騎士となった友人アーネスト・グレアム侯爵令息と再会する。  初恋の相手であるクラウディアの不幸せそうな様子を見て、どうにかダミアンから奪ってでも自分の手で幸せにしたいと考えるアーネスト。  そんなアーネストと次第に親密になり自分から心が離れていくクラウディアの様子を見て、急に焦り始めたダミアンは───── (※※夫が酷い男なので序盤の数話は暗い話ですが、アーネストが出てきてからはわりとラブコメ風です。)(※※この物語の世界は作者独自の設定です。)
24h.ポイント 1,057pt
小説 1,185 位 / 184,258件 恋愛 581 位 / 56,527件
文字数 79,235 最終更新日 2023.03.27 登録日 2023.03.06
恋愛 完結 短編
 公爵令嬢のフィオレンサ・ブリューワーは婚約者のウェイン王太子を心から愛していた。しかしフィオレンサが献身的な愛を捧げてきたウェイン王太子は、子爵令嬢イルゼ・バトリーの口車に乗せられフィオレンサの愛を信じなくなった。ウェイン王太子はイルゼを選び、フィオレンサは婚約破棄されてしまう。  深く傷付き失意のどん底に落ちたフィオレンサだが、やがて自分を大切にしてくれる侯爵令息のジェレミー・ヒースフィールドに少しずつ心を開きはじめる。一方イルゼと結婚したウェイン王太子はその後自分の選択が間違いであったことに気付き、フィオレンサに身勝手な頼みをする────
24h.ポイント 1,008pt
小説 1,248 位 / 184,258件 恋愛 612 位 / 56,527件
文字数 62,623 最終更新日 2023.03.04 登録日 2023.02.18
恋愛 完結 短編
 共に伯爵家の令嬢と令息であるアミカとミッチェルは幸せな結婚式を挙げた。ところがその夜ミッチェルの体調が悪くなり、二人は別々の寝室で休むことに。  その翌日、アミカは偶然街でミッチェルと自分の友人であるポーラの不貞の事実を知ってしまう。激しく落胆するアミカだったが、侯爵令息のマキシミリアーノの助けを借りながら二人の不貞の証拠を押さえ、こちらの有責にされないように離婚にこぎつけようとする。  ところが、これは白い結婚だと不貞の相手であるポーラに言っていたはずなのに、日が経つごとにミッチェルの様子が徐々におかしくなってきて───
24h.ポイント 1,143pt
小説 1,103 位 / 184,258件 恋愛 535 位 / 56,527件
文字数 34,855 最終更新日 2023.02.16 登録日 2023.02.05
 没落の一途をたどるアップルヤード伯爵家の娘メリナは、とある理由から美しい侯爵令息のザイール・コネリーに“お飾りの妻になって欲しい”と持ちかけられる。期間限定のその白い結婚は互いの都合のための秘密の契約結婚だったが、メリナは過去に優しくしてくれたことのあるザイールに、ひそかにずっと想いを寄せていて─────
24h.ポイント 1,178pt
小説 1,077 位 / 184,258件 恋愛 524 位 / 56,527件
文字数 15,343 最終更新日 2023.01.28 登録日 2023.01.28
12