見知らぬご令嬢に「あなたの夫を奪ったわ」宣言されすべて失った負け妻は、間違いなく私です~夫に嫌われても初夜に授かった彼の子は産み育てる所存~

わたしは、ある日突然王都からやって来た見知らぬご令嬢に「あなたの夫を略奪したわ」と宣言され、屋敷を追い出されてしまった。奇しくもちょうどその日の朝、略奪された夫との子どもを授かったことを知ったばかり。初夜に寝台をともにした、わたしのことが大嫌いな夫との子を……。
略奪レディに「死ねば?」とまで言われたサヤだが、宿った命を絶つつもりはなかった。それどころか、なにがなんでも産み、育てる覚悟をする。

※ハッピーエンド。タイトル通りの典型的な略奪物です。ゆるゆる設定はご容赦願います。
24h.ポイント 75,559pt
20,834
小説 13 位 / 184,959件 恋愛 11 位 / 56,214件