基礎魔法しか使えない理由で追放されたので、転生前の技術を没落貴族に教えて見返すことにしました

「ヘンリー! 今日をもってクビよ」
 
(なんで?)

 そして俺の後任として雇われたのは、学園時代毎日バカにしてきたアバ・ツーリクだった。

(なんでこいつなんだよ...)

 アバは俺を嘲笑うな声を聞きながら公爵家を後にする。
 今までの努力が全て否定された気分だった。生徒にバカにされた挙句、俺をバカにしてきていた奴を雇うなんて...。

(絶対に見返してやる)

 そう思いながら職を探すため、教育委員会に行くと委員長であるオーリスさんから招待状を受け取り、次の仕事が決まった。そこから俺の人生が変わって行くことのを予想もしていなかった。そして俺が消えたことによって公爵令嬢とアバは徐々に没落してくのだった。

※4話からざまぁに入るための工程です。
※転生ものです。
24hポイント 362pt
小説 3,198 位 / 100,189件 ファンタジー 738 位 / 26,937件
1 / 5

この作品を読んでいる人はこんな作品も読んでいます!

異世界転生した俺のチートスキルは半減

ファンタジー / 連載中 24h.ポイント:0pt お気に入り:0

異世界ゆるり紀行 ~子育てしながら冒険者します~

ファンタジー / 連載中 24h.ポイント:46199pt お気に入り:29473

私が光の神子なんですけど、なぜかお前じゃないと言われました

恋愛 / 連載中 24h.ポイント:24292pt お気に入り:3217

チート転生~チートって本当にあるものですね~

ファンタジー / 連載中 24h.ポイント:63pt お気に入り:922

義妹に押し付けられた嫁ぎ先は、呪われた公爵閣下でした

恋愛 / 連載中 24h.ポイント:99592pt お気に入り:8591