煙雨

煙雨

2020年度より作家活動を開始! 2021年度書籍化決定いたしました。
3
 Sランクパーティで冒険しているレオンは、固有魔法---魔法無効化【キャンセリング】の使い手。 敵が使ってくる攻撃魔法やバフ魔法、デバフ魔法すべてを無効化し、パーティに貢献していた。 だがそんなある日、パーティリーダーであるロイドに呼びだされて 「サボってばかりいるレオンは俺たちのパーティにはいらない」 と追放を言い渡される。魔法無効化【キャンセリング】で魔法攻撃など、すべて無効化していたのに気付いてもらえず、モンスターは魔法を使わないと言ってきた。 (クソ)  そう思いながらこの場を後にした。追放された後、一人でクエストを受けると幼馴染パーティの危機的状況に遭遇し助ける。そして 「もしよかったら私たちのパーティに入らない?」  その一言でレオンの人生が変わっていくのであった。  一方、レオンが居なくなったSランクパーティは、今まで勝てていたモンスターに勝てなくなり、低級魔法---ファイアーボールで負けてしまう。  そこからSランクパーティの没落が始まっていった。 4月11日(日)は2時間に1本投稿。 それ以降は1日3話投稿
24hポイント 874pt
小説 1,557 位 / 99,739件 ファンタジー 379 位 / 26,846件
文字数 36,677 最終更新日 2021.04.16 登録日 2021.04.11
「ヘンリー! 今日をもってクビよ」   (なんで?)  そして俺の後任として雇われたのは、学園時代毎日バカにしてきたアバ・ツーリクだった。 (なんでこいつなんだよ...)  アバは俺を嘲笑うな声を聞きながら公爵家を後にする。  今までの努力が全て否定された気分だった。生徒にバカにされた挙句、俺をバカにしてきていた奴を雇うなんて...。 (絶対に見返してやる)  そう思いながら職を探すため、教育委員会に行くと委員長であるオーリスさんから招待状を受け取り、次の仕事が決まった。そこから俺の人生が変わって行くことのを予想もしていなかった。そして俺が消えたことによって公爵令嬢とアバは徐々に没落してくのだった。 ※4話からざまぁに入るための工程です。 ※転生ものです。
24hポイント 35pt
小説 13,473 位 / 99,739件 ファンタジー 2,659 位 / 26,846件
文字数 25,936 最終更新日 2021.03.01 登録日 2021.02.20
15歳になると、職業を与えられる。 この職業によって今後の未来が決まると言ってもいい。 そんな世界に暮らす主人公---クリス・ペテロは幼馴染---アメリア・スミスと一緒に冒険者になることを夢見て努力してきた。 アメリアは聖女に選ばれ、俺は預言者という底辺職業。そこでアメリアには見放され、冒険者でやっていけないと悟り絶望していた。俺は職業で預言者になったので一応は期待を持たずに預言の魔法を使ってみる。するとクリスの頭にノエルと言う神が話しかけてきた。 {あなたはどの未来がみたいですか?}  この一言で主人公の未来が変わっていく。 エルフの仲間ができたり、公爵令嬢の仲間ができたり普通の日常生活から変わっていく。
24hポイント 71pt
小説 9,173 位 / 99,739件 ファンタジー 1,933 位 / 26,846件
文字数 115,651 最終更新日 2021.02.21 登録日 2020.08.29
3