ハズレの姫は黒い獣に愛されたい 〜もしかして、もふもふに触れる私の心の声は聞こえていますか?〜

獣人の国『マフガルド』の王子様と、人の国のお姫様の物語。

 長年続いた争いは、人の国『リフテス』の降伏で幕を閉じた。
リフテス王国第七王女であるエリザベートは、降伏の証としてマフガルド第三王子シリルの元へ嫁ぐことになる。


「顔を上げろ」

 冷たい声で話すその人は、獣人国の王子様。
漆黒の長い尻尾をバサバサと床に打ち付け、不愉快さを隠す事なく、鋭い眼差しを私に向けている。

「姫、お前と結婚はするが、俺がお前に触れる事はない」

困ります! 私は何としてもあなたの子を生まなければならないのですっ!

訳があり、どうしても獣人の子供が欲しい人の姫と素直になれない獣人王子の甘い(?)ラブストーリーです。


*魔法、獣人、何でもありな世界です。
 
*獣人は、基本、人の姿とあまり変わりません。獣耳や尻尾、牙、角、羽根がある程度です。

*シリアスな場面があります。
24hポイント 269pt
小説 5,457 位 / 139,982件 恋愛 2,696 位 / 43,259件