婚約者に売られた私 ~買ったのは冷血王子でした~

「さて、そろそろ本会議を始めようか」
ボルトス王国王城にて行われた隣国ルアーガ帝国重鎮との会談。私、ボルトス王国公爵家令嬢のレイナはボルトス王国第一王子ボルトス・ゼスファーの婚約者として両国の交友を深めるべく行われた食事会に参加していた。円満な会話とともに進む食事会だったが、ゼスファーの一言で場が静まり返る。ボルトス王国の元老院たちやルアーガ帝国の重鎮たちは席をあけ、残ったのはレイナとゼスファー、そしてルアーガ帝国の冷血王子の異名を持つマルサ王子だけだった。

「では始めよう。マルサ王子、あなたの要求は?」
「…レイナを買うことである」
「え?」
「いいでしょう」
「ええ!?」
24hポイント 35pt
小説 15,181 位 / 111,079件 恋愛 6,379 位 / 30,836件
1 / 4

この作品を読んでいる人はこんな作品も読んでいます!

「君は保留だった」らしいです

恋愛 / 連載中 24h.ポイント:3608pt お気に入り:2100

婚約破棄されて動揺する令嬢

恋愛 / 完結 24h.ポイント:0pt お気に入り:4

妹とそんなに比べるのでしたら、婚約を交代したらどうですか?

ファンタジー / 連載中 24h.ポイント:894pt お気に入り:2127

旦那の浮気が発覚しました~全部私のため!?~

恋愛 / 完結 24h.ポイント:14pt お気に入り:47

私を追い出すのはいいですけど、この家の薬作ったの全部私ですよ?

恋愛 / 連載中 24h.ポイント:124663pt お気に入り:11136

転生幼女はお詫びチートで異世界ごーいんぐまいうぇい

ファンタジー / 連載中 24h.ポイント:3649pt お気に入り:17646

復縁して欲しい? 嫌です

恋愛 / 連載中 24h.ポイント:49161pt お気に入り:3245

『まて』をやめました

恋愛 / 連載中 24h.ポイント:18140pt お気に入り:4234