あおのさまよい

「男の娘」になって、青春時代をやりなおしたい人のためのラノベです。


[主要登場人物]
・ルザート 主人公。16歳の少年
・ラセラ  ルザートが女装をした時の名前
・サスティ ルザートと親しい、同年代の女の子
・アルトス 外の町からやってきた少年
・ラッズ  ラセラと恋に落ちてしまった少年

[小説・作曲]
ぼを
(@Bopeep_16)

[表紙絵]
アカミツキ
(twitter:@tory139)


[あらすじ]
※以下、ネタバレあります。物語を純粋に楽しみたい方は読まずにお進みください
※当小説は、章ごとにオリジナルのボカロ曲がテーマ曲として用意されております。各章の最後に用意されたリンクからお楽しみください


 ルザートには、裏声を巧みに操る事で、女性の声を真似る特技がある。
そんな特技からルザートは、半ばサスティの戯れで、村で行われる饗宴の給仕役を、女装した姿の「ラセラ」という名前の少女としてやらされる事になる。

 饗宴にて、酔った勢いでラセラは、ラッズという少年と接吻してしまう。そして、ラッズはラセラに惚れてしまう。

 ルザートは嫌がるが、サスティの戯れで、暫くの間、ラセラとしてラッズの恋人役を演じさせられる事になる。

 長い間ラッズと恋仲のふりをしている内に、やがて、ルザート自身、自分がラセラという少女である事を信じて疑わなくなり、ラセラもラッズを好きになってしまう。

 事態が戯れでは済まなくなってしまった事に気付いたサスティは、なんとかしてラセラをルザートに戻そうとするが、ラセラは全く応じない。やがて、サスティはラセラの前から姿を消してしまう。

ある日、数日間遠出する事になったラッズを見送ったラセラの前に、アルトスという少年が現れる。

アルトスは、ラッズが居なくなって寂しい思いをしているラセラを慰めたり、好意を示したりする。然し、ラセラはアルトスに必要以上の仲を求めようとはしない。

ある日、自分の部屋に戻ったラセラは、ベッドの上に裸で横たわるアルトスを発見する。

アルトスがサスティである事を悟ったと同時に、その本物の女性性を見せ付けられたラセラは、ルザートに戻る決心をする。

数日後、戻ってきたラッズは、ラセラという少女が幻であった事を知り、一人村を出て行く。

ルザートとサスティは、以前とは少し違う関係になっていた。
24hポイント 0pt
小説 58,613 位 / 58,613件 ファンタジー 19,018 位 / 19,018件