【休載中】異世界から来ただけなのに、第一王子に溺愛されています

槙野沙彩《まきのさあや》は、とあるショッピングモールの片隅にあった占いの館で告げられる。

「今日、これから出会う男性を信じてついて行きなさい。それが、アンタの運命を幸運へと導く」

占い師の言葉を信用出来なかった沙彩だったが、その後、地震に巻き込まれて異世界・アマルフィアへとやって来てしまう。

アマルフィアの森を彷徨っていた沙彩を助けてくれたのは、銀髪にエメラルドグリーンの瞳の青年・エグマリスだった。

「ずっと待っていた。俺の姫ーー俺の愛おしい花嫁」

沙彩を溺愛してくれるエグマリスだったが、実はアマルフィアの第一王子でーー!?

※ゆっくり更新します。
※書けるところまで書きます。
※表紙はぱくたそ様よりお借りしました。
24hポイント 7pt
小説 29,906 位 / 127,411件 恋愛 12,942 位 / 37,619件