僕が八月に帰る場所

春のクラス替えの後、しばらくしてから僕は不登校になった。

自分がたった一人、この世界にたった一人ぼっちであることに気付いてしまったからだ。

父さんが言った。
「夏休みの間、田舎のじいちゃんちに行ってみるか?」

新しい出会い、そして別れーー。
そこには、言葉を超えた心の交流が待っていた。

都会を離れて大自然に飛び出した僕の、ある一夏の冒険。
24hポイント 0pt
小説 100,888 位 / 100,888件 青春 3,958 位 / 3,958件