【完結】「そちらの家庭を壊す気はなかったんです」と男の子を連れてきました。

貴族の家は血縁の存続は、義務とも言える。
権力には義務を。尊き血とも呼ぶ自らの血縁を誇りあるものとする。

「まあ、貴族も大変って事で」
「楽ではないわよねー」

10代の兄弟は、今日来た小さい男の子の相手をしながら話していた。
24hポイント 113pt
小説 10,127 位 / 144,428件 恋愛 4,776 位 / 45,162件