冴えない理系大生はVRゲーム作って一山当てたい!

祝日を合わせて4日間の連休。その初日。
 もう昼過ぎだというのにカーテンを閉め切った薄暗い部屋。バネの飛び出たベッドの上でVRヘッドセットを付けて、トランクスとTシャツ姿で横になっている男がいた。「レストランで美味しいシーフードを振舞えば美女もイチコロって本当か!」などと一人興奮している男"ルパート・アビエス"。
 一方、真面目を誇張"体現"したかのように、朝から息が詰まりそうな参考書の山々をデスクの脇に築き、コーヒー片手に勉学に没頭する"デイヴィッド・デイヴィス"。

 神様が気まくれを起こさなければ、交わることなんてなさそうなこの二人。一応、エリート校に通う天才たちではあるのだが。どうも、何かが何処かでどういう訳かオカシクなってしまったようで……。
 「吸い込まれそうな彼女の青い瞳には、もう君しか映っていない!?」なんて適当な商売文句に興奮している残念な男によって、胃もたれしてもまだお釣りが返ってきて有り余るくらいに、想定外で面倒で面倒なことになるなんて。特に後者の彼は思いもよらなかったでしょう。
 絵に描いたような笑いあり、涙あり、恋愛あり?の、他愛ないキャンパスライフをただ送りたかった。そんな運命に"翻弄"されてしまった2人の物語。さてさてどうなることやら……。

※ただいま改装中です。もしお読みになられる際は、プロローグから数えて3話までに留めておかれることをお勧めします。
※ちょーっと骨の折れる改装を施していきますので、あまり構えず気長にお付き合い頂けますと嬉しいです。
◆作品名
銀のカタストロフィ -Καταστρέψτε το Καρδιά-
(カタストロプステ・ト・カルディア)
24hポイント 0pt
小説 91,909 位 / 91,909件 SF 2,821 位 / 2,821件