麗しきテトラ様の華麗なる異世界転世紀!(仮)

「我輩は猫である。名前はまだ無い。」って、ニホンのニンゲンは言ったらしい。

ならば僕もそれに則って挨拶をしよう。
我輩は猫である。名前はテトラ・アニャビス・スヴィリーナ―――続けようと思えばいくらでも続くので省略するが麗しく僕に相応しい名前だ―――である。
基本的にはテトラ・アニャビス・スヴィリーナまでが呼び名となっている。
チキュウとか言う球体の遥か上空にある神界に住み、その球体を日がな一日眺めている。
要するに、猫の神様だ。
沢山存在する猫の神の中でも、かなりお偉いさんだったりする。
突然自慢をするようですまないが、この僕の魅力のお陰で神界の神様の大半が猫好きだ。
もう犬など屁でもない。(エッヘン<(`^´)>)

そう、思っていた。

事が起きたのはニンゲンの暦で言う秋。
一番偉いアマテラスという神の思い付きで、猫神と犬神で人気対決をする事になった。
勝てば神通力倍増、負ければ神界追放。
そんな真剣勝負は、思わぬ形で終わりを告げた。

勝ったのは…馬。
馬神の優勝だった。

何故って、その頃神界では「ケイバ」って言う賭け事が流行っていたから。
結局、僕を含めて猫神犬神共々、我々の見知らぬ世界《異世界》に追放されたのだった。

こんなの、アリですかーーーー…?

表紙絵はくろの( https://twitter.com/otasirono)さんが描いて下さいました!
24hポイント 0pt
小説 60,780 位 / 60,780件 ファンタジー 19,449 位 / 19,449件