五年目なんて、先はまだまだ長いんだから。

五年の社会人生活で、手に入れたものは何だろう。

名刺についた肩書きは重くて鬱陶しい。
世話になった先輩が、大好きだった先輩と一緒にいなくなった。
目の前から幸せな二人が消えた。

だから忘れるのも簡単なはずなのに。


同期の研究から立ち上げたチームの営業販売戦略何でもどん、な部署のトップを任された。
相談したい同期はちょくちょく席にいなくて。
気がつくたら仕事がこっちに流れて来てる気もしてイラっとする。


楽しくないわけはない、やりがいだってあるし、何より大好きな仕事だけど。
じゃあ、仕事以外に何かある?
墓地を見下ろす部屋でぼんやりとする今日この頃。

ずっとずっと誰にも知られてない事っていろいろあるから。
それぞれ上手く隠してたつもりかもしれない事が。
時々誰かがそれを知ってて、自分だけが知らないこともある。

ゆっくり日常が整っていく。

まだ五年目、この先だって楽しみたい。仕事も、それ以外も。


五年目のOL 紺野 真帆  
やっと前を向いて仕事をしようと思った出来事がありました。 
24hポイント 0pt
小説 125,648 位 / 125,648件 恋愛 35,948 位 / 35,948件