猫ふんづけたら

 動物アレルギーである、〝僕〟。

 しかし、なぜか犬猫(ワンニャン)に好かれてしまう男。
 そんな男のところへ三毛猫がやってくる。
 しかも。
 その猫は、オス。
 オスは幸運のシンボルとされていることもあって、男は幸運の鍵のように猫を大切に扱うようになっていく。
 でも毎日はからわず、散々で。

 アルバイトしていた会社が倒産したり、
 恋人の家族トラブルに巻き込まれたり、
 恋人にフラれる寸前だったり。

 目先の苦悩とさらに先の幸運を天秤にかけ、幸運のほうへと気持ちが傾いた男の、アレルギーと闘う命がけの日々がはじまる。
24hポイント 0pt
小説 59,047 位 / 59,047件 現代文学 2,584 位 / 2,584件