怪獣が啼く日

 スーツアクターの佐原は、怪獣一筋。子供の頃に見た怪獣を愛し、怪獣の中の伝説的スーツアクターに憧れてこの道に入った。しかし昨今は怪獣映画も少なくなり、また、年齢という大きな敵が立ちはだかる。
 そんな中、新作の怪獣映画の企画が持ち上がった。憧れのスーツアクターに、最期の花道を飾らせてやりたいと、佐原は奮闘する。
24hポイント 0pt
小説 124,586 位 / 124,586件 ライト文芸 5,094 位 / 5,094件