嵌められた悪役令息の行く末は、

公爵令息エミール・ダイヤモンドは婚約相手の第二王子から婚約破棄を言い渡される。同時に学内で起きた一連の事件の責任を取らされ、牢獄へと収容された。
一ヶ月も経たずに相手を挿げ替えて行われた第二王子の結婚式。他国からの参列者は首をかしげる。その中でも帝国の皇太子シグヴァルトはエミールの姿が見えないことに不信感を抱いた。そして皇太子は祝いの席でこう問うた。
「殿下の横においでになるのはどなたですか?」と。

帝国皇太子のシグヴァルトと、悪役令息に仕立て上げられたエミールのこれからについて。


※冒頭に少し辛い場面ありますが、溺愛モノです。
※男性妊娠可能な世界です。男女差は胸や股についてるものが違うということだけです。
(第9回BL小説大賞エントリー中)
24hポイント 34,720pt
小説 75 位 / 125,398件 BL 7 位 / 13,596件
1 / 5

この作品を読んでいる人はこんな作品も読んでいます!

迷子の僕の異世界生活

BL / 連載中 24h.ポイント:9301pt お気に入り:4627

異世界転生したら養子に出されていたので好きに生きたいと思います

BL / 連載中 24h.ポイント:28538pt お気に入り:2824

捨てられた侯爵令息は、王子に深い愛を注がれる

BL / 連載中 24h.ポイント:6006pt お気に入り:2028

少女漫画の当て馬に転生したら聖騎士がヤンデレ化しました

BL / 連載中 24h.ポイント:2470pt お気に入り:3626