婚約破棄された翌日から見知らぬ男が私を訪ねて来るのですが

今、私の目の前に、跪き、恭しく私の手を取る男がいる。
あまりにも突然のことだったから、その手を振りほどくことすらできなかった。
私の頭に浮かんだのは、たった一言。
 ——この人、誰?

なぜか見知らぬ男に求婚されている。
この状況を正しく把握するには、少しばかり記憶を遡る必要がありそうだ。
24hポイント 14pt
小説 17,722 位 / 87,459件 恋愛 7,128 位 / 23,723件