素直になれない番たち

「好きな子が童貞はあり得ないって言ってたんだーー」

加奈子は幼馴染みで腐れ縁の、裕貴に泣きつかれる。

『私も一応、処女なんだけど』

自信はないが一応、処女なはず。昔から三次元男子に幻滅していた加奈子は、しっかりと醸成された腐女子だった。

『芸の肥やしになるかもしれないし、その代わりあんたのカラダ観察させてもらうわよ!』

素直になれない腐女子とへたれ男子の、思春期ど真ん中なただれた関係の行く末はーー

※多少BL表現が入ります。
24hポイント 7pt
小説 24,089 位 / 104,934件 恋愛 10,077 位 / 29,486件