嘘女房

第一次上田合戦の後、徳川の家臣となった真田の嫡男・信幸は、幼年から連れ添った本妻を側室に落とし、本多忠勝の娘と縁組むことになった。
新妻と古女房は、亭主の心配をよそに、会うなり仲良くなってしまう。
そして時は流れて――。

――お前達は嘘吐きだ。
24hポイント 0pt
小説 39,412 位 / 39,412件 歴史・時代 399 位 / 399件