クレール 光の伝説:いにしえの【世界】

※超簡略粗筋※
「転生しない、転移しない、魔物は問答無用でぶった切る、刺される、えぐられる、潰される、腕折れる、自傷する、自刎する、ヒロインが男装、主人公強い」
そんな感じの異世界ファンタジー小説。
【完結しました】


ドサ回り一座と地方巡察勅使との諍いに巻き込まれた男装剣士エル・クレールと中年剣士ブライトは彼らに、各々「武者修行中の貴族の若君とその家臣」であると思いこませ、場を取り繕う。
一座の戯作者マイヤーは「美形の若侍」であるクレールを妙に気に入ったらしく、芝居小屋に招いた。
この一座の芝居「戦乙女クラリス」の「原作」が皇弟フレキの手による資料であると言うマイヤーにクレールとブライトは不信感を抱く。
一方「勅使」の宿舎では怪しい儀式が執り行われていた。


※この作品は作者個人サイト、小説家になろう、ノベルアップ+でも公開しています。
24hポイント 7pt
小説 26,569 位 / 124,506件 ファンタジー 5,225 位 / 31,993件