潞涿君《ろたくくん》の卵

亡き徐州牧・陶謙《とうけん》の遺命は、領土を客将・劉備《りゅうび》に譲ると言う、とんでもない内容だった。
しかも劉備はそれを拒んでいる。
陶謙の臣・麋竺《びじく》は、説得のために劉備の屋敷に赴く。
通されたのは薄暗い屋敷の一室。
主人と客の他に人気は無い。
やがて二人の男の「腹の探り合い」が始まった。

※この作品は、ノベルデイズ、ノベルアップ+でも公開しています。
24hポイント 0pt
小説 100,841 位 / 100,841件 歴史・時代 1,166 位 / 1,166件