婚約破棄ですか?構いませんが、過保護すぎる皇子が私を狙っているのをご存知じゃなくて?

庶民の出であるレイナ=クラウンは、「身分が釣り合わない」としてそこそこの貴族であるアグル=セファリッドに婚約の破棄を言い渡される。   

「そうですか。別に構いませんよ?」

しかしレイナはあっさりとこれを了承。
前々から自分に婚約の申し込みをしていたこの国の第一皇子、セイン=ギルフォードの元へ嫁ぐことを決意する。

そこで、レイナに対しアグルが酷い扱いをしていたことを知ったセイン。
皇子として持てる力を全て使った結果、セファリッド家は衰退の一途を辿るのだった。
24hポイント 0pt
小説 96,340 位 / 96,340件 恋愛 26,585 位 / 26,585件