小売り酒屋鬼八 人情お品書き帖

幸せとちょっぴりの切なさを感じるお品書き帖です――

野州夜須藩の城下・蔵前町に、昼は小売り酒屋、夜は居酒屋を営む鬼八という店がある。父娘二人で切り盛りするその店に、六蔵という料理人が現れ――。

アルファポリス歴史時代小説大賞特別賞「狼の裔」、同最終候補「天暗の星」ともリンクする、「夜須藩もの」人情ストーリー。
24hポイント 0pt
小説 57,401 位 / 57,401件 歴史・時代 740 位 / 740件