不幸でしあわせな子どもたち

五十音順に名前を持つ個性豊かな子どもたちが、無邪気に事故や事件に巻き込まれるけれど、しあわせという、読み方によっては、ちょいグロありのダークホラー短編集です。

切ない話も含まれています。



「ここから出ていけば、しあわせな事が待っているのかなー」

桃色のお部屋から、たくさんの子どもたちが出ていきます。

さぁ、一緒に追いかけましょう。

しあわせな子どもたちを。





他人の不幸を閉じ込めた本に続く、ダークファンタジー短編集第2弾。

五十音順に名前を持つ子どもたちの不幸でしあわせな物語。

前作同様に、ダーク路線で、読み方によってはしあわせな終わり方をしています。

普通に読むだけでは本当の意味は分かりません。

何度か読んでみて、意味が分かると「はっ」とします。

そして、お気に召せば、あなたも立派な変人なのです。

(子どものお話は今後も増えていきます)
24hポイント 42pt
小説 8,513 位 / 53,651件 ホラー 153 位 / 2,054件