エシュロン ~ テロと戦う盗聴者

 "エシュロン"
 それはアメリカ発祥の、世界最大にして最強の盗聴機関。そこに一人の日本人技術者が採用された。
 その者の名は、小宮山絢一郎。
 ある日、彼は世界をも揺るがす事件のカギとなる重大な情報をキャッチする。
『日本の ”9・11” だ』
 このメールはどんな意図で発せられたのか、だれが発したのか・・・ 
 このメールを境に彼の人生の歯車が大きく動き出した。
------------------------------------------
 この小説は、推理小説の要素推理小説の要素を含んでおります。








24hポイント 0pt
小説 65,802 位 / 65,802件 現代文学 2,882 位 / 2,882件