現実から逃げて僕は仮想にふける

 バーチャル・リアリティ技術が一般に流通するには後十年かかるだろうと見込まれている。
 一部の企業は自らの研究室で使用しているハードウェアと開発ソフトを開発キットとして販売し始め、それは新た寝世界の幕開けを予感させた。
 この作品の主人公は下らない哲学的考えを捨てきれない高校生である。
 多分、社会の何かに嫌悪を持って斜に構えその癖自分がこれからどうなるのかまだ明確の想像できない、どこにでもいるありふれた高校生だ。
 彼が何故カモメのジョナサンの様に、一般に理解できないVR開発と云うものに関わろうとするのだろう。そして、その異常を見て彼はどこに進むのだろう。
24hポイント 0pt
小説 48,734 位 / 48,734件 SF 1,671 位 / 1,671件