変態?いえ狐面の紳士ですが?以上。

『親の新婚ライフの為に親に追い出さ‥‥ゲフンゴホン

田舎から
柳桜新町へと一人で上京・転校する事になった佐原部 龍也(さわらべ たつや)
しかし住む場所がなく困っていた所
偶然とも奇遇ともゆうように一軒の怪しげな不動産屋があり明らかに 怪しげな加藤清四郎君もびっくりなちびっ子店員に薦められるままに明らかに怪しげなな一軒家を紹介された。


龍『そこから俺の人生は一変し‥‥‥まぁそんなことはどうでもいい平々凡々なら』



雅『いやぁーりゅぅつぁん。この項目この作者で平々凡々には逝けないッスよ(笑)』



聖『そうよ龍!!あんたに平々凡々なんてあり得ないんだから!!』



霧『フッ…貴様が平々凡々とはお笑いだな。』



龍『はぁ…とりあえずどっかのウニ頭の主人公と同じで不幸だぁ…』


雪『そんなこんなで変態?いえ狐面を被った紳士です。以上始まります』
24hポイント 0pt
小説 60,877 位 / 60,877件 ファンタジー 19,461 位 / 19,461件