狭間の島

「きっと、千石さんに話すために取ってあったんですね。」

令和四年・五月――千石杏香は奇妙な話を聴いた。それは、ある社会問題に関わる知人の証言だった。今から二十年前――平成十五年――沖縄県の大学に彼女は通っていた。そこで出会った知人たちと共に、水没したという島の伝承を調べるために離島を訪れたのだ。そこで目にしたものは、異様で異常な出来事の連続だった。
24h.ポイント 0pt
0
小説 187,434 位 / 187,434件 ホラー 6,754 位 / 6,754件