神送りの夜

由緒正しい神社のある港町。そこでは、海から来た神が祀られていた。神は、春分の夜に呼び寄せられ、冬至の夜に送り返された。しかしこの二つの夜、町民は決して外へ出なかった。もし外へ出たら、祟りがあるからだ。

父が亡くなったため、彼女はその町へ帰ってきた。幼い頃に、三年間だけ住んでいた町だった。記憶の中では、町には古くて大きな神社があった。しかし誰に訊いても、そんな神社などないという。

町で暮らしてゆくうち、彼女は不可解な事件に巻き込まれてゆく。
24h.ポイント 0pt
10
小説 187,439 位 / 187,439件 ホラー 6,754 位 / 6,754件