4
由緒正しい神社のある港町。そこでは、海から来た神が祀られていた。神は、春分の夜に呼び寄せられ、冬至の夜に送り返された。しかしこの二つの夜、町民は決して外へ出なかった。もし外へ出たら、祟りがあるからだ。 父が亡くなったため、彼女はその町へ帰ってきた。幼い頃に、三年間だけ住んでいた町だった。記憶の中では、町には古くて大きな神社があった。しかし誰に訊いても、そんな神社などないという。 町で暮らしてゆくうち、彼女は不可解な事件に巻き込まれてゆく。
24h.ポイント 0pt
小説 185,481 位 / 185,481件 ホラー 6,760 位 / 6,760件
文字数 147,451 最終更新日 2024.04.06 登録日 2024.02.29
性的マイノリティの意志を無視して「LGBT」は広まった。それは、当事者とは何の関係もない世界だった。「LGBT」がもたらした利益は何もない。政治や商売の道具としてもてあそぶばかりか、無関係な女性や子供までをも危険に晒す真似が平然と行われている。それを告発するために、このノンフィクションを著者は書いた――当事者の一人として。 【カクヨム】 https://kakuyomu.jp/works/16816927860040342257 【ノベルアップ+】 https://novelup.plus/story/536358021 【小説家になろう】 https://ncode.syosetu.com/n1469hu/
24h.ポイント 142pt
小説 7,481 位 / 185,481件 エッセイ・ノンフィクション 162 位 / 7,837件
文字数 340,611 最終更新日 2023.11.11 登録日 2022.08.13
✿【好きな人が百合なら女の子になるしかない】 男子中学生・上原一冴(うえはら・かずさ)は陰キャでボッチだ。ある日のこと、学園一の美少女・鈴宮蘭(すずみや・らん)が女子とキスしているところを目撃する。蘭は同性愛者なのか――。こっそりと妹の制服を借りて始めた女装。鏡に映った自分は女子そのものだった。しかし、幼なじみ・東條菊花(とうじょう・きっか)に現場を取り押さえられる。 菊花に嵌められた一冴は、中学卒業後に女子校へ進学することが決まる。三年間、女子高生の「いちご」として生活し、女子寮で暮らさなければならない。 「女が女を好きになるはずがない」 女子しかいない学校で、男子だとバレていないなら、一冴は誰にも盗られない――そんな思惑を巡らせる菊花。 しかし女子寮には、「いちご」の正体が一冴だと知らない蘭がいた。それこそが修羅場の始まりだった。
24h.ポイント 85pt
小説 10,627 位 / 185,481件 ライト文芸 152 位 / 7,624件
文字数 208,886 最終更新日 2023.10.14 登録日 2022.08.26
「きっと、千石さんに話すために取ってあったんですね。」 令和四年・五月――千石杏香は奇妙な話を聴いた。それは、ある社会問題に関わる知人の証言だった。今から二十年前――平成十五年――沖縄県の大学に彼女は通っていた。そこで出会った知人たちと共に、水没したという島の伝承を調べるために離島を訪れたのだ。そこで目にしたものは、異様で異常な出来事の連続だった。
24h.ポイント 0pt
小説 185,481 位 / 185,481件 ホラー 6,760 位 / 6,760件
文字数 27,056 最終更新日 2023.10.09 登録日 2023.10.03
4