平和になったこの時代で

幼い頃からずっと夢に出てくるあいつを探している。
多分俺たちがいたのは江戸時代で、俺もあいつも幕臣で帯刀している。
俺はあいつが好きだった。
だけど生涯それを伝えることはなかった。


あいつはきっとこの世界に居て、きっと俺と同じで記憶を持って生まれてる。
俺はそう信じて今までどこかにあいつの気配がないか探して生きてきた。
24h.ポイント 7pt
0
小説 35,049 位 / 187,447件 BL 9,410 位 / 24,269件

あなたにおすすめの小説

腹ペコ令嬢は満腹をご所望です【連載版】

古森きり
恋愛
前世は少食だったクリスティア。 今世も侯爵家の令嬢として、父に「王子の婚約者になり、次期王の子を産むように!」と日々言いつけられ心労から拒食気味の虚弱体質に! しかし、十歳のお茶会で王子ミリアム、王妃エリザベスと出会い、『ガリガリ令嬢』から『偏食令嬢』にジョブチェンジ!? 仮婚約者のアーク王子にも溺愛された結果……順調に餌付けされ、ついに『腹ペコ令嬢』に進化する! 今日もクリスティアのお腹は、減っております! ※pixiv異世界転生転移コンテスト用に書いた短編の連載版です。 ※ノベルアップ+さんに書き溜め読み直しナッシング先行公開しました。 改稿版はアルファポリス先行公開(ぶっちゃけ改稿版も早くどっかに公開したい欲求というものがありまして!) カクヨム、小説家になろう、ベリーズカフェ、ツギクル(外部URL登録)にも後々掲載予定です(掲載文字数調整のため準備中。落ち着いて調整したいので待ってて欲しい……)

俺はすでに振られているから

いちみやりょう
BL
▲花吐き病の設定をお借りしている上に変えている部分もあります▲ 「ごほっ、ごほっ、はぁ、はぁ」 「要、告白してみたら? 断られても玉砕したら諦められるかもしれないよ?」 会社の同期の杉田が心配そうに言ってきた。 俺の片思いと片思いの相手と病気を杉田だけが知っている。 以前会社で吐き気に耐えきれなくなって給湯室まで駆け込んで吐いた時に、心配で様子見にきてくれた杉田に花を吐くのを見られてしまったことがきっかけだった。ちなみに今も給湯室にいる。 「無理だ。断られても諦められなかった」 「え? 告白したの?」 「こほっ、ごほ、したよ。大学生の時にね」 「ダメだったんだ」 「悪いって言われたよ。でも俺は断られたのにもかかわらず諦めきれずに、こんな病気を発病してしまった」

美醜逆転の異世界で騎士様たちに愛される

恋愛
いつの間にか異世界に転移してしまった沙紀は森で彷徨っていたところを三人の騎士に助けられ、その騎士団と生活を共にすることとなる。 後半にエロ要素入れたいですが、お付き合いするまでまだかかりそうなのでだいぶ先になります。一日の内容濃くゆっくり進みます。 異世界のご都合主義なので設定があやふやです。また話の都合の為、前の話を修正しながら書いています。ご了承ください。

身代わり花嫁として嫁ぎましたが、どうやら旦那様も身代わりのようです?

秦朱音@アルファポリス文庫より書籍発売中
恋愛
「君を愛するつもりはない」 伯爵令嬢リゼット=ヴァレリーは父や妹から疎まれ、使用人同然の生活を送っていた。ある時、妹のソフィに持ち上がった縁談の身代わりとして、女癖の悪さで有名なリカルド=シャゼル辺境伯に嫁ぐことになってしまう。 結婚式にすら現れなかったリカルドから初夜の晩に「君を愛するつもりはない……今のところは」と言われてショックを受けるリゼット。 でも、ちょっと待って。「今のところは」ってどういう意味? それにこの人、なんだか挙動不審。私に何か隠してるんじゃないの? HOTランキング6位ありがとうございます!(2022.3.23) 完結しました、ありがとうございました!(2022.4.6)

病弱を演じる妹に婚約者を奪われましたが、大嫌いだったので大助かりです

克全
恋愛
「アルファポリス」「カクヨム」「小説家になろう」「ノベルバ」に同時投稿しています。 『病弱を演じて私から全てを奪う妹よ、全て奪った後で梯子を外してあげます』 メイトランド公爵家の長女キャメロンはずっと不当な扱いを受け続けていた。天性の悪女である妹のブリトニーが病弱を演じて、両親や周りの者を味方につけて、姉キャメロンが受けるはずのモノを全て奪っていた。それはメイトランド公爵家のなかだけでなく、社交界でも同じような状況だった。生まれて直ぐにキャメロンはオーガスト第一王子と婚約していたが、ブリトニーがオーガスト第一王子を誘惑してキャメロンとの婚約を破棄させようとしたいた。だがキャメロンはその機会を捉えて復讐を断行した。

失踪した婚約者が、別の姿になって現れました

秦朱音@アルファポリス文庫より書籍発売中
恋愛
エレナ・ノイバウアーは、幼い頃に王太子ライオネルの婚約者となった。 優秀なライオネルに比べ、エレナは乗馬もダンスもマナーも、全てが落第点。 「私なんて、ライオネル殿下の婚約者にふさわしくないわ……」 落ち込むエレナを救ったのは、一人の見知らぬ青年だった。 それから十四年。 ある日、王城に呼ばれたエレナは、王太子の側近の口から信じられない言葉を聞く。 「ライオネル王太子殿下が、失踪しました」 「……は?」 ※10000字くらいの短編の予定