一輪の花

 付き合っている彼氏に呼び出された挙げ句、一方的に別れを告げられた小池美奈子。
 彼氏の事で相談していた友人に奪われた上に妊娠だなんて!
 怒りたいやら泣きたいやらで、どうしても気分が落ち着かない美奈子は、遠回りして帰ろうと普段通らない道をトボトボと歩いていった。
 雨上がり、水たまりに気をつけながら歩いていた美奈子は、いきなりゴミ袋が自身にあたり、尻もちをついてしまう。
 クリーニング代なんかいらないと突き付ける美奈子に、その店の店員らしき人は、せめてものお詫びに酒を勧めてきた。
24hポイント 0pt
小説 60,535 位 / 60,535件 現代文学 2,652 位 / 2,652件