【百合】いつかバニラの香りを~美月センパイの秘密~

またしても作戦失敗。
 私の唇には美月センパイの唇ではなく、人差し指が触れる。
 
 センパイは私のことを好きだと言ってくれる。
 付き合おうと言ってくれたのもセンパイから。
 だけど。
 キスだけはしてくれない。

 美月センパイが私のキスを拒み続けるには理由があって——。
24h.ポイント 0pt
0
小説 186,965 位 / 186,965件 ファンタジー 42,873 位 / 42,873件