料理屋おやぶん


行方知れずになった父を捜して江戸に出た娘・お鈴が助けられた先は、閑古鳥が鳴く料理屋「みと屋」
それもそのはず、店主の銀次郎は料理が壊滅的に下手な上、顔がいかつく客あしらいも不得手。
なにより、銀次郎の仕事は札付きの「やくざ」だというのだから、お客が来るわけがない。
料理の才のあるお鈴は「ここで働け」と迫られるが、そこへ誘拐事件が舞い込んで――—
24h.ポイント 42pt
0
小説 17,023 位 / 185,447件 歴史・時代 184 位 / 2,373件
毎日¥0 1巻分 毎日¥0とは?
 
チャージ完了
毎日¥0
 
あと 0時間 0分
 
チャージ完了

チャージが完了すると、オレンジ色の
“毎日¥0”マークの付いた話を
無料で読むことができます。

チャージ時間
小説:12時間
公式漫画:23時間

閲覧期間:3日間

  1. 毎日¥0対象作品は、予告なく変更される可能性があります。
さらに詳しく

処理中です...
本作については削除予定があるため、新規のレンタルはできません。