中山道板橋宿つばくろ屋

時は天保十四年。中山道の板橋宿に「つばくろ屋」という旅籠があった。病床の主にかわり宿を守り立てるのは、看板娘の佐久と個性豊かな奉公人たち。他の旅籠とは一味違う、美味しい料理と真心尽くしのもてなしで、疲れた旅人たちを癒やしている。けれど、時には困った事件も舞い込んで――? 旅籠の四季と人の絆が鮮やかに描かれた、心温まる時代小説。
24hポイント 63pt
小説 6,673 位 / 59,076件 歴史・時代 72 位 / 751件
1 / 2

この作品を読んでいる人はこんな作品も読んでいます!

聖女(笑)だそうですよ

恋愛 / 完結 24h.ポイント:220pt お気に入り:1981

飴玉

エッセイ・ノンフィクション / 完結 24h.ポイント:212pt お気に入り:0

最難関ダンジョンをクリアした成功報酬は勇者パーティーの裏切りでした

ファンタジー / 連載中 24h.ポイント:1612pt お気に入り:4237

処理中です...