「君の作った料理は愛情がこもってない」と言われたのでもう何も作りません

貧乏貴族の娘、エレンは幼いころから自分で家事をして育ったため、料理が得意だった。
そのため婚約者のウィルにも手づから料理を作るのだが、彼は「おいしいけど心が籠ってない」と言い、挙句妹のシエラが作った料理を「おいしい」と好んで食べている。

それでも我慢してウィルの好みの料理を作ろうとするエレンだったがある日「料理どころか君からも愛情を感じない」と言われてしまい、もう彼の気を惹こうとするのをやめることを決意する。

ウィルはそれでもシエラがいるからと気にしなかったが、やがてシエラの料理作りをもエレンが手伝っていたからこそうまくいっていたということが分かってしまう。
24hポイント 164,382pt
小説 6 位 / 104,817件 恋愛 4 位 / 29,443件
1 / 5

この作品を読んでいる人はこんな作品も読んでいます!

殿下、私たちはもう終わったんですよ

恋愛 / 連載中 24h.ポイント:51640pt お気に入り:6561

婚約者の側室に嫌がらせされたので逃げてみました。

恋愛 / 連載中 24h.ポイント:157776pt お気に入り:10936

さようなら。悪いのは浮気をしたあなたですから

恋愛 / 連載中 24h.ポイント:39383pt お気に入り:2501

悪役令嬢に仕立て上げられたので領地に引きこもります(長編版)

恋愛 / 完結 24h.ポイント:6979pt お気に入り:644

平民を好きになった婚約者は、私を捨てて破滅するようです

恋愛 / 連載中 24h.ポイント:87105pt お気に入り:4579