おかしくなったのは、彼女が我が家にやってきてからでした。

公爵家の令嬢であるリリスは家族と婚約者に愛されて幸せの中にいた。
そんな時、リリスの父の弟夫婦が不慮の事故で亡くなり、その娘を我が家で引き取ることになった。
娘の名前はシルビア。天使のように可愛らしく愛嬌のある彼女はすぐに一家に馴染んでいった。
それに対してリリスは次第に家で孤立していき、シルビアに嫌がらせをしているとの噂までたち始めた。
婚約者もシルビアに奪われ、父からは勘当を言い渡される。

リリスは平民として第二の人生を歩み始める。


全8話。完結まで執筆済みです。


この作品は小説家になろう様にも掲載しています。
24h.ポイント 610pt
395
小説 1,959 位 / 183,623件 恋愛 959 位 / 55,966件