ガーディアン白書 〜イケメンたちが次々に口説いてくるので困っています!〜

 シンガーソングライターを目指して、バイトばかりの刻彩(ときいろ) 瑞希(みずき)。

 ある日、バイトの帰り道。なぜか、次の言動についての選択肢が目の前に出現。そうして、車両故障の影響で大混雑の電車に乗ることになってしまう。

 あとからあとから乗る人に押され流され、気がつくと、背の高い綺麗な男がすぐ隣にいた。混雑している電車。もちろん密着度は満点。
 
 しかも、視線がチラチラと合う。

 だが、それは別の意味だった。自分が降りる駅の1つ手前で、男に無理やりホームへ下されてしまった瑞希。そうして、男からこう言われた。

「お前、俺のペ××こすって、ぼ××させて、何してくれちゃってんの? こういうの、痴漢って言うんだよね?」

 砕けた口調な上に、18禁満載な男。だがしかし、バカみたいに口をパカーッと開けてしまうほど見惚(ほ)れるようなイケメンなのだ。

 もちろん、瑞希はわざと痴漢したのではない。だが、結果はそうなってしまった。その経緯と謝罪をしていると、男は今度、

「お前、鈍臭いね」

 そう言ったと同時に、景色が急に変わり、男の家――高層マンションの最上階へと連れてこられていた。

 男の独特の雰囲気に知らず知らずの内に引き込まれ、一緒に眠ることになってしまった瑞希。言葉で抵抗しようとしたが、

「お前、もう諦めて、俺におとなしく守られちゃいなよ」

 という意味不明であり一方的な理由で、瑞希は言い返しというカウンターパンチをくらわしたくなったのである。だがしかし、そこは大人ということで、ぐっと堪えた。彼女は魔法でもかけられたように、すぐに眠くなり、そのまま意識を喪失。

 そうして、瑞希が目を覚ますと、男はそばにおらず、あの駅のロータリーに座っていた時刻へと、時は巻き戻っていた――――

 *この作品は、小説家になろう、エブリスタ、魔法iランド、カクヨムにも掲載されています。
24hポイント 0pt
小説 68,215 位 / 68,215件 恋愛 17,503 位 / 17,503件